【詳しく解説】英語学習を習慣化するためにできること

2019年8月12日

【詳しく解説】英語学習を習慣化するためにできること

「何かを新しく始めること」はよくあります。英語や英会話だけではなく、ダイエットや筋トレなどもでしょう。

しかし「英会話の勉強が長く続かないこと」もよくあります。今回の記事では、英語学習の習慣化する方法についてお伝えします。

 

【詳しく解説】英語学習を習慣化するためにできること

ここでいう習慣とは「毎日継続して行動すること」とします。
各文章をクリックすると、関連個所にページ内移動します。

 

なぜ、何かを始めてもすぐにやめてしまうのか?

何かを始めようと決心したときはやる気があります。ワクワクしていたりするかもしれません。たとえば、「英語を話せるようになろう」「ダイエットしよう」というような決意の直後はやる気に満ちあふれています。

しかし、この最初の状態でやりすぎないようにすることが大切です。これからその理由を説明していきます。

 

 

いわゆる3日坊主は最初に行動しすぎが原因

たとえば、いきなり3時間、5時間と英会話の勉強をするわけです。

しかし、その状態は長く続かないのです。次の日だと、疲れていたり、忙しかったりすることで続かなくなることも多いのです。最初の状態を経験しているため、習慣の力ではなく意志の力でその状態を続けようとします。

意志の力を消費して勉強をします。その力がなくなってくると勉強効率も落ち、勉強時間も長くは続かなくなります。

 

 

行動しすぎた後、問題に直面するとやめてしまう

そしてさらに、英会話の勉強過程ではうまくいかないことはよくあります。たとえば、以下の問題に直面します。

「発音がわからない・・・」
「英語がうまく聞き取れない」

 

「忙しいこと」や「時間がないこと」とあわせて、勉強そのものをやめてしまうこともあります。英会話を始めたからには、できる限り上達したいと思うのが自然だと思います。それを最初の段階で、上達しないうちにやめてしまうのはもったいないです。

 

それではどうすれば習慣になるのでしょうか?

 

なぜ、何かを始めてもすぐにやめてしまうのか?
・最初に行動しすぎるため

 

 

どうすれば勉強が習慣になるのか?

答えは、最初の段階ではほんの少しの行動だけにすることです。人間の脳は不思議なもので、ほんの少しの行動だけにすると少し多めにやろうとします。

たとえば、痩せようとしている人が「今日、腹筋を1回だけしよう」とします。そうすると、ついでに2回も3回も行うわけです。

 

 

まず習慣にすることが大切

「でもこれだと腹筋がつかないのでは?」と思うかもしれません。これは、習慣化された後に回数を増やせばよいのです。英語で例えるなら、最初は以下のことだけで大丈夫です。

「今日は単語1つだけ覚えよう」
「英文を1文だけ音読しよう」

 

まずは、この習慣化を目的としたほんの少しの学習行動を毎日積み重ねましょう。習慣化された後に単語や文章の数を増やしていきます。

では、いつ習慣化されるのでしょうか?

 

どうすれば勉強が習慣になるのか?
・最初の段階では、ほんの少しの行動だけにする
・このほんの少しの行動を毎日積み重ねる

 

 

いつ人間の習慣化はなされるのか?

人間がある行動を継続し習慣として身に着くまでには、約3週間~3か月かかると言われています。たとえば、以下のことを習慣として、身に着くまでが約3週間~3か月かかります。

  • 早起きする
  • 食後に歯を磨く
  • ダイエットしてやせる
  • 英会話の勉強する

 

習慣化される前は、ほんの少しの行動だけにします。習慣化されてから少しずつ量を増やしていきます。それでは、人間の行動はいつ習慣化されたかを判断できるのでしょうか?

 

 

意志の力をほとんど使わなくなると行動が習慣化されている

習慣化されているかどうかの判断は、意志の力を使っているかどうかです。習慣にしてしまうと、「~をやろう」「~しよう」という意志の力をほとんど使わずに済みます。たとえば、以下のように強く思っているうちは習慣化はされていないのです。

「やせよう」
「英語の勉強をやろう」

 

これは意志の力を使っています。これが力まずに「今日も勉強するかー」と思えて自然に行動できたなら、習慣化されていることになります。

 

意志の力。これは人間の持つ有限の力です。

 

意志の力とは、何かをやろうとしたときに使うものです。

 

寝ると回復はしますが、限りがあります。

 

そのため、朝は一番意志の力があり、夜になるにつれて減少します。

 

出来る限りこの意志の力を使わずに習慣の力を使うようにすることこそが、あなたの英語学習を継続的に行うコツです。

 

 

習慣化された後に勉強量を増やす

習慣になった後に勉強量、作業量などを増やしていきます。英語だけではなく、ダイエットでも運動習慣でも同じです。習慣化された後が本番です。

 

いつ人間の習慣化はなされるのか
・習慣が身に着くまでが約3週間~3か月かかる
・「~やろう!」と意気込んでいる間は習慣化されていない
・淡々とやることができる状態だと、習慣化されている。

 

 

英語を習慣化するためにできること

ここまで、人間の脳の仕組みを利用した習慣化の仕組みをご紹介してきました。

 

結論 : 習慣化するためにできること
1. ほんの少しの行動だけを毎日行い習慣化を目指す (約3週間~3か月)
2. 習慣化されたら量を増やす

 

習慣化に必要なことは、ほんの少しの行動だけを毎日行うことです。もちろん英会話学習に限った話ではなく、何にでも応用できます。

人間の行動のほとんどは習慣によるものです。いつも同じサイトを見に行ったり同じ店でランチをとるのも、習慣化されているからです。よい行動を意識的に習慣化させることで、よい生活を送ることができます。

英会話学習でもその他の技能を身に付けるにしても、ある程度の時間をかける必要が出てきます。そのためには、最初の段階でやめてしまわないことが特に重要です。

ここに書いてあることを参考に、英語・英会話学習を習慣化させて、英語を身に着けていただけたらうれしいです。