答えをにごす・あいまいに答えるときの英会話・英語表現4選

2019年9月7日

答えをにごす・あいまいに答えるときの英会話・英語表現4選

日本語での会話でも、あいまいな返事をすることがあると思います。例えば「たぶん」「そうかもしれませんね」「どちらともいえませんね」などです。ハイでもイイエでもなく答えをはぐらかしたいとき、どのように表現すればよいのでしょうか。今回は、答えをにごす・あいまいに答えるときの英語表現について、簡単にお伝えします。

 




答えをにごす・あいまいに答えるときの英会話・英語表現

「答えをにごす」「あいまいに答える」ときの英語表現は、以下の通りです。

 

maybe の「答えをあいまいにする」表現例

maybeYesNo の中間です。ハイでもイイエでもなく、答えをはぐらかしたいときに使います。「たぶん」「そうかもしれないです」と伝えたいときに使いましょう。

Maybe.
たぶん

Maybe that’s what he meant.
たぶん、それが彼の意図なのでしょう

Maybe it’s because today is Sunday.
たぶん、日曜だからなんじゃないかなー

Maybe he takes for granted all that she does for him.
たぶん、彼女が彼のためにすることが、彼は当然のことと思っています

 

 

Probably の「答えをあいまいにする」表現例

Maybe よりも自分の考えに確信があるときは、こちらです。

Probably.
おそらく (maybe より自分の考えに確信がある)

Probably you were right after all.
おそらく、あなたは結局のところ正しかった

Probably that’s not good enough anymore.
おそらく、それはもう十分ではなくなっています

It would probably be truer they planned on dismissing us.
おそらく、我々を解雇しようとしていたことはより確かだろう

 

 

It depends … の「答えをあいまいにする」表現例

とてもよく使います。答えをはぐらかすだけなら、It depends. と返して大丈夫です。

It depends.
場合によります

It depends on the size.
サイズによります

It depends on the situation.
状況によります

It depends on the quality you’re going to show it.
それは、あなたが見せてくれる質によります

 

 

そのほかの「答えをあいまいにする」表現例

Well.
えーっと。うーん (そのあとで何か言い訳をする)

Perhaps.
たぶん (maybe と同じぐらい確信しているとき)

Yes and no.
どちらともいえないです

I’m not sure.
確かじゃないわ

That’s about it.
そんなところです

You may be right.
おっしゃるとおりかもしれないです

I don’t really know.
わからないですねー

It can be possibly so.
それはそうかもしれませんね

It may possibly be true.
正しいかもしれませんね

 

また、例文の発音を確認したい方は以下のページを参考にしてください。

英文を眺めているだけで、ネイティブの発音はわかりません。しかし、どんな英文でもネイティブ並みの発音、イントネーションを確認する方法があります。 […]

 




まとめ

maybeYesNo の中間です。それよりも確信しているときは、probably を使いましょう。日本語で話しているときではなくても、答えを濁したいときはあります。そのときの参考にしていただけたらうれしいです。

maybe
たぶん (perhaps と同じ)

perhaps
たぶん (maybe と同じ)

probably
おそらく

dismiss
解雇する

take for granted
当然のことと思っている

possibly
あるいは、ひょっとして、たぶん