not at all の3つの意味と簡単な使い方【例文あり】

2019年8月21日

not at all の3つの意味と簡単な使い方【例文あり】

not at all「少しも … ない」「私は気にしないです」「どういたしまして」という3つの意味があります。英会話を勉強しているとよく耳にするフレーズのひとつです。今回はこの not at all について説明します。実際の会話で応対できずに恥かかないようにするためにも、ぜひこの記事を通じて身に着けてください。

 





not at all の3つの意味と簡単な使い方

ここからは not at all の3つの意味と簡単な使い方について、お伝えしていきます。

 

「少し・・・もない」

not at all で1セットになっていたり、notat all が離れていたりします。強めの否定、否定を強調する副詞のような使い方をします。

Not at all!
そんなことは少しもありません。全然ちがいます!

I’m not at all tired.
ぜんぜん疲れていません。

I’m not sleepy at all.
全く眠くないです。

It was not your fault at all.
あなたのせいではなかったんです。

It is not comfortable at all.
全然快適じゃないねー。

I do not at all mind if I get wet.
私は濡れても一向にかまいません。

It is not at all what I had expected.
それは期待していたことでは全くなかった。

He is not at all satisfied with my offer.
彼は私の提案を全く満足していない。

 

 

「私は気にしないです」という返答

返答として使われる not at all には「気にしない」という意味があります。あくまで返答でしか使えないことに注意してください。

Would you mind if I cross your garden?
庭を通ってもよろしいでしょうか。
Not at all.
気にならないです。嫌じゃないです。

 

May I have a seat?
座ってもいいですか?
Not at all.
私は気にしないです。どうぞ。

 

 

とても礼儀正しい「どういたしまして」

Not at all は他にも「どういたしまして」という意味があります。とても礼儀正しい返答です。

Thank you.
ありがとう
Not at all.
どういたしまして

 

また、例文の発音を確認したい方は以下のページを参考にしてください。

英文を眺めているだけで、ネイティブの発音はわかりません。しかし、どんな英文でもネイティブ並みの発音、イントネーションを確認する方法があります。 […]

 




まとめ

not at all を会話の中で使えるようになると、英会話の能力も上達していると実感できるようなフレーズだなと思います。ご参考までに。

not at all.
少し・・・もない
私は気にしないです
どういたしまして