英語が聞き取れない人が就職後に英語で仕事する方法【リスニング】

2019年11月9日

「英語を使う仕事に就きたいが、英語が聞き取れない」
「TOEICの勉強をしたけれど、リスニングの能力があがらない」

とお考えではないでしょうか?私も海外生活をしていて「英語が聞き取れない」と毎日思っていました。気持ちはよくわかります。

今回「英語が聞き取れない人が就職後に英語で仕事する方法」について、詳しくお伝えします。具体的には、

    • なぜ英語を聞き取れないのか
    • 英語・英会話の練習方法4選
    • さらに効率的な英語・英会話上達方法

という内容です。

私は海外生活が2か国で約4年の経験があり、海外でIT企業に就職しました。英語で仕事をしてきた私がおすすめする方法を、あなたにお教えします。約3~4分で読むことのできる内容です。ぜひ最後まで目を通してください。

英語が聞き取れない人が就職後に英語で仕事する方法

なぜ英語を聞き取れないのか?

結論から言うと「英語が口に出して話せないから」です。

逆に言えば、日本語のネイティブスピーカーが日本語を聞き取れるのは、口に出して話せるからってこと?

 

そのとおりです。意識していないと思いますが、私たちはみんな、意味がわかったうえで言葉を口に出しています。

 

そう言われてみると、知らない言葉が聞こえてきても、何が何だかさっぱりわからないです。

 

知らない言語は、人間の脳は雑音として認識します。脳に認識する回路がないからです。

 

脳に英語の回路を作るために、まず口に出して話せるように・・・ですね!

 

 

英語、話せないんだけど・・・

英語が聞き取れない人は、英語が話せません。なので、英語を聞き取れるようにするには、英語を口に出して練習して話せるようにする必要があります。

英語を聞くだけよりも英語を口に出して話すほうが、格段に脳に英語を認識する回路ができやすいです。

 

たとえば、泳げる人はなぜ泳げるようになったのでしょうか?

 

うーん・・・なんでだろう?

 

それは、泳ぐ練習をして脳に泳ぐ回路を作ったからだよ

 

なるほどー。英語を聞くだけでは英語の回路ができないのね・・・。

 

英語の回路を脳に作るには、英語を口に出したほうが効率的ですね

 

英語が聞き取れないうちは、英語を聞いててもムダみたいですね

 

そうですね。脳が英語を雑音として認識している間は、聞いていてもあまり意味はないですね

 

ある程度英語が聞き取れるようになってから、英語の音声を聞くようにします

 

 

 

英語を聞き取れるようにするには?

結論から言うと、英語を聞き取れるようにするために話す練習をしましょう。

話す練習は、以下の4つを行います。

  1. 音読
  2. 瞬間英作文
  3. リピーティング
  4. シャドーイング

 

具体的な練習方法の解説

音読

読んで字のごとく、英文を音読します。たとえば

It always seems impossible until it’s done.
終える前までは、いつも不可能に見える

という文章があったとします。この英文を口に出して何度も音読しましょう。

 

発音がわからない場合はどうしたらいいの?

 

それは、このサイト https://voicetext.jp/ で英文をコピペすると、発音が確認できますよ

 

そのサイトで英文を再生して、音声と同じように音読すればよいってこと?

 

そうですね。まずは、同じスピードでネイティブのように発音できるようにしましょう

 

それが、英語を聞き取れるために大切なことなんですね

 

 

瞬間英作文

「瞬間英作文」とは、中学で習うレベルの文型で簡単な英語をスピーディに、大量に声に出して作るというものです。

引用 : ベレ出版 「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」販売サイト

瞬間英作文では、たとえば

「今日は焼けるような暑さです」

という日本語を見たとします。そして

It’s sizzling hot.

と、瞬時に英語を口に出して言い直す練習をします。これを繰り返して、英語を話せるようにしようというのが瞬間英作文です。

瞬間英作文のメリットは、瞬時に英文が口から出てくるようになる練習ができることです。この瞬間英作文ができれば、実際の英会話で役に立ちます。実際に瞬間英作文をしていけば、効果が実感できます。英語を話せるようになるためにも、ぜひ試してみてください。

 

 

リピーティング

リピーティングとは、文章を見ながら英語音声にあわせて同時に発音することです。たとえば

I don’t have any time to see him.
彼に会う時間はないです

という文章があったとします。この音声と同時に声に出すという練習がリピーティングです。

 

 

シャドーイング

シャドーイングとは、文章を見ずに聞こえてきた英語音声のあとに同じように発音することです。たとえば

How much time will it take?
どれくらい時間がかかりますか?

という文章があったとします。この文章が聞こえた後1~2秒遅れて声に出す練習がシャドーイングです。

 

英会話の練習方法
・音読
・瞬間英作文
・リピーティング
・シャドーイング

 

 

英会話の練習方法を実際しての体験談

私は英語があまり聞き取れないまま、海外で働きに行きました。案の定「聞き取れない」という状況なりました。

現地の英会話学校に行き勉強したのですが、あまり上達しない日々が続いたのを覚えています。

 

英語できないのに、よく海外に働きに行きましたね

 

当時は「自分を変えたい」という思いが強かったですね

 

 

ある日、その現地の英会話学校に行きました。いつもクラスを担当している先生がお休みだったんです。それで、クラスには代わりの先生が来ました。私はその代わりの先生に、思い切って英語の勉強方法を質問してみたのです。

 

「英語がうまくならないのですが、どうしたらいいか?」を、先生に聞いてみたんですね

 

答えは「口に出せないものは聞き取れない」でした

 

そして、この記事でお伝えした勉強方法を実践しました。

しばらくはあまり状況は変わらないままでしたが、徐々にリスニング・スピーキングも上達しました。

 

海外で、いい先生との出会いがあったのですね

 

そうですね。思い切って質問してよかったです

 

 

代理の先生は一度きりでしたが、その後も

  • やる気がなくなること
  • 上達が感じられなくなること

は「言語学習において誰にでもあること」も学べました。英語ができなくても、必要以上に落ち込む必要はないのだなと感じました。

そして、英語上達にとって、より効果的だと感じたのは、実際に海外で英語を肌で感じることの大切さでした。

 

やる気がなくなることも、上達が感じられないこともよくありますよね

 

よくあることなので大丈夫です。安心してください。根気よく英語の勉強を続けましょう

 

にしても、日本国内にいても英語を話せるようになるという人もいるけど・・・

 

もちろん、日本国内にいても英語を話せるようになります。それよりも、実際に英語を肌で感じるほうがより効率的です

 

海外で、実践的に英語を学んだ方がより効果が高いんですね

 

できることなら、英語は海外で学んだ方がいいと思います

 

なぜ、海外で学んだ方がいいと思うんです?

 

海外では「生きた英語」を学ぶことができるからだよ

 

「生きた英語」って、具体的にいうと何ですか?

 

これから説明しますね

 

 

勉強法を実際に学んだときの体験談
この記事でお伝えした勉強法で、スピーキング・リスニングのスキルが上がる
・それよりもさらに効率的なのが「海外で学ぶこと」

 

 

より効果的にリスニング能力を上げるためには

ここまでのおさらいです。

この記事でお伝えした勉強法で、日本国内にいても英会話の能力は上がります。もっと効果的なのは、海外で「生きた英語」を学ぶことです。

 

「生きた英語」を学ぶには、海外の方がいいということですね

 

そうです。「生きた英語」とは、実際に目の前で話している英語のことをいいます

 

はい

 

英語を話す人は、教科書の音声のようにはしゃべらないのです

 

その話、聞いたことあります

 

実際は、発音が違っていたり、文法が違っていたりします

 

はい

 

目の前で話している英語を聞き取り、適切に処理することが仕事では大切です

 

実際に応対できないと、仕事で使える英語にならないですよね

 

そうです。英語で仕事をしていくのであれば、英語で応対できるようになりましょう

 

きれいな英語じゃなくても、ちゃんと受け答えできるかな?

 

その受け答えの練習のために、海外で学ぶのが良いと思います

 

 

本気でリスニングや英語能力全般をあげたいのなら

本気でリスニングや英語能力をあげたいのなら、海外に行って英語を学んでみてはいかがでしょうか。語学留学で、英語漬けの日々を送るのがベストです。

  • 海外で就職したい
  • TOEFL、IELTSの点数を上げたい
  • 英語初心者だけど、英語で仕事をしたい

このように考えているのであれば、ピッタリの場所がフィリピンのセブ島です。セブ島の語学学校で学ぶのがよいでしょう。特におススメなのが「フィリピン・セブ島留学サウスピーク」です。

今すぐ詳しい内容を「サウスピーク」公式サイトで確認する

 

35で海外で英語を学んだあと、別の国で海外就職をしたのですよね?

 

そうなんです。おかげで、IT企業に就職できるぐらいまで英語が上達しました

 

サウスピークの英語のカリキュラムは、日本人に特化した内容です。あなたのニーズに合わせてコースやプランを選ぶことができます。学生だけではなく社会人の方もいる学校です。

フィリピン・セブ島への短期留学が英語にとって一番良いと思います。なぜなら、日本から近く物価も安いからです。セブ島の人たちは英語を話せます。現地の生活でも、英語を肌で感じることが可能です。

 

 

 

この記事を読んでいる人にとって一番大切なこと

この記事を読んでいる人にとって一番大切なのは「就職後に英語で仕事し、夢をかなえる」ことではないでしょうか?英語は日本国内にいても上達します。

その方法は、上記でもお伝えした通りです。英会話を上達させる方法は

  1. 音読
  2. 瞬間英作文
  3. リピーティング
  4. シャドーイング

の4つです。この方法は一人でコツコツできます。リスニングの能力も上がります。

 

この4つの方法を続けることで、英語が聞き取れるようになっていきますよね

 

もちろんです!聞き取るだけではなく、話せるようにもなります

 

しかし、

  • 海外で就職したい
  • 英語で仕事をしていきたい
  • ワーホリにチャレンジしたい
  • 短期間で英語のレベルを上げたい

と、本気で思っているのであれば、海外留学です。なぜなら、1人で日本でコツコツ勉強していくよりもずっと効果的だからです。

語学留学が簡単なのが、日本から近く物価も安いフィリピン・セブ島です。英語の語学留学でおススメなのが「セブ島留学サウスピーク」です。

留学体験談を「サウスピーク」公式サイトで確認する

 

社会人でも大丈夫かなー?

 

大丈夫ですよ。年齢層は、高校生から大人まで幅広いです

 

もちろん、ひとりひとり事情があります。現状、海外に渡航できない人もいるでしょう。行けない人はムリしなくて大丈夫です。上記の4つの方法を日本国内でコツコツしていただけたらと思います。

しかし、ここで思い切って飛び込むと、勉強効率がさらに上がります。

  • 収入を上げたい
  • 海外に移住したい
  • 周囲から一目置かれたい
  • 英語圏の人と仲良くなりたい

などの夢をかなえるためにも、語学留学を考えてみてください。

 

いきなり渡航して、現地で英語学校を探すのはツラいですよね

 

実は私は英語学校を何軒も回っています。英語ができないのに、よい学校を探すのはツラかったです

 

それはイヤだなー

 

お伝えしたフィリピン・セブ島留学サウスピークでは、無料での説明会を行っています。無料なので損することはありません。もし、話を聞いてみてダメそうならそこでやめてしまってもよいと思います。担当者は日本語です。留学に対する疑問点をぶつけてみてください。

無料説明会で「サウスピーク」担当者に疑問をぶつけてみる

 

公式サイトをみたけれど、校舎や宿舎はきれいなところなんですね

 

セブ島は海もきれいだし、あたたかくていいところだよ

 

フィリピン・セブ島留学サウスピークは、時期によっては空きがないこともある人気の学校です。空きがなくなったあとに後悔しないよう、今すぐ公式サイトでチェックしてください。

今すぐできることは、よりよい未来のために一歩踏み出すことだと思います。この記事を参考にして、海外で英語を学び、英語を使う仕事に就職し、活躍していただけたらうれしいです。