英語力を活かした転職活動する前に知っておくべきこと

2020年5月31日

英語力を活かした転職活動する前に知っておくべきこと

このようにお考えではありませんか?

「英語を使う職業に就いてみたい」
「英語力を活かした仕事を探している」

以前の私も同じように考えていました。気持ちはわかります。

私は、1か月に12万以上読まれている当英語学習・英会話サイトの管理人です。

私は海外で、IT企業に勤務しました。プログラマー・SE歴は8年ほどあります

 

今回は「英語力を活かした転職活動する前に知っておくべきこと」について、お伝えします。具体的には、

  • 会社が守るもの
  • あなたを変えるもの
  • スキルとは何か?

について、簡単にお伝えします。2~3分で読める内容です。

この記事を読むことで、転職活動を有利に進める考え方を知ることができます。

ぜひ最後までご確認ください。

英語力を活かした転職活動する前に知っておくべきこと

会社が守るもの

残念ながら、会社が守るのは会社です。あなたではありません。

終身雇用が当たり前の時代であれば、ある程度守ってくれていました。しかし、終身雇用制度は崩壊しています。会社は延命のために、リストラするのは日常茶飯事です。

現代に生きる私たちは、会社に依存しない生き方をすることが求められています。

 

 

英語力だけだと転職市場ではキビシイ

英語力だけだと転職市場では、苦戦する可能性は高いです。なぜなら、転職市場で英語が使えるだけなら、世界中のネイティブスピーカーがあなたのライバルになるからです。

ライバルの先を行くには、英語以外のスキルを身につけることです。スキル例として、飲食、デザイン、ITなどがあります。

英語は道具です。英語という道具をコミュニケーションを取るために使います。英語のほかに最低1つ何か転職市場で戦える武器を身につけておくとよいでしょう。

 

 

ほんの少しの行動から始める

転職活動を始める前にするべきことは、判断です。以下の2択に答えるところから始めましょう。

  • あなた自身が今いる業界のスキルを身につけたうえで、英語力を活かす
  • IT系など別のスキルを身につけたうえで、英語力を活かす
英語以外のスキルがあるかどうか、それが転職活動には大切なんですね

 

そのとおりです。スキルがなければスキルをつけましょう

 

 

スキルがあるかどうか判断した上で、現状あなた自身に足りないものを埋めていきます。たとえば、

  • あなたのいる業界のスキルを伸ばしたい → スキルを伸ばす
  • IT系など別のスキルを伸ばしたい → スキルを伸ばす
  • 英語も業界スキルもある → 転職活動

です。

私はスキルを伸ばしたいです

 

スキルを伸ばす上で大切なのは、期間を決めることです。スキルを伸ばすには、最低半年や1年などある程度時間がかかります。期限を決めてスキルを伸ばしましょう

 

どういうふうに期限を決めたらよいのでしょうか?

 

以下のような形で考えてみましょう

 

たとえば、

  • 今から半年間はスキルアップに費やす。そのあと、転職活動しよう
  • 1年間は、プログラミングなどIT系のスキルに色々と挑戦して、自分のあったものを探そう

などです。半年や1年など、はっきりと期限を区切って行動し、ステップアップしていきましょう。

転職する前に
・会社はあなたを守らない
・スキルを身につけて、ステップアップすることが大切
・最初にするべきは、現状を分析し足りないものが何かを知ること
・スキルを身につける場合は、期限を区切ること

 

 

机の上での勉強はスキルではない

残念ながら、机の上での勉強はスキルではありません。スキルとは「あなたの力で稼ぐ技術」のことです。実力がいくらあってもお金が稼いだ経験がないと、企業側はスキルとは見てくれません。

何のスキルを身につけるのがいいのでしょうか?

 

何のスキルを身につけたらよいのかわからないという方は、色々と挑戦してみましょう。おススメはIT系のスキルです

 

たとえば

  • Webサイト制作
  • フリーのプログラマー
  • デザイナー (Web系)
  • 動画編集

などです。これらのスキルを身につけた上で、転職活動しましょう。

私でもできますか?

 

ITエンジニアは誰でもなれます。ある程度経験を積む必要はありますが、誰でもなれます。文系でも数学が苦手でも大丈夫です

 

一人で勉強しても身につきますか?

 

机の上で勉強しても身につきます。しかし、最も効率的なのはプロから直接学ぶことです

 

以下の2つのエージェントは転職サポート込みで、現場で使える知識を学ぶことができます。一度確認し、あなたにあったものを選んでください。

 

ある程度学んだら、実際に副業として仕事を取りましょう。金額は少なくてもよいので、実際にお金を稼ぐことをおススメします。

仕事を取るには、どうしたらいいですか?

 

案件マッチングサイトを利用するとよいでしょう。以下のサイトから、あなたのスキルにあった仕事に応募することから始めましょう

 

少しでも稼げるようになったら、転職活動しましょう。転職活動の際に、その経験をアピールしてください。転職するより稼げるようなら、フリーランスになるのも1つの手です。

あなたの力で稼ぐ技術を身につけるには?
1. 身につけたいスキルを選択する
2. 勉強する
3. 勉強した内容を活かしてお金を稼ぐ
4. 転職活動時に稼いだことをアピールする

 

 

今すぐできること

英語力だけだと、転職活動はキビシイです。英語を使えるだけなら、世界中の人たちがあなたのライバルになる可能性があります。

そこで必要になるのが、英語以外のスキルです。

英語以外のスキルがある 転職活動へ
英語以外のスキルがない 英語以外のスキルを身につけてから転職活動

 

英語以外のスキルがある人は、そのまま転職活動して問題ありません。英語以外のスキルがない人は、スキルを身につけてから転職活動しましょう。

何のスキルを身につけたらよいのかわからない人は、何でも試しましょう。おススメはIT系です。

  1. IT系スキルを選択する
  2. 一定期間勉強する
  3. 勉強後、少しの金額でもいいので稼ぐ
  4. 稼いだ実績を転職先にアピール

 

IT系スキルには、以下のようなものがあります。

  • Webサイト制作
  • フリーのプログラマー
  • デザイナー (Web系)
  • 動画編集

もちろん、1人でも学ぶことは可能です。しかし、独学は効率があまりよくありません。

効率が良いのは、現在実戦で活躍しているITエンジニアから指導を仰ぐことです。以下のサイトからあなたにあったスキルを探してください。そのあとに、英語を活かした転職活動をすると成功確率は高いでしょう。