英単語を暗記しない!覚えずに身に着ける「コアミーニング」法とは?

2019年8月12日

英単語を暗記しない!覚えずに身につける「コアミーニング」法とは?

英単語は単語帳をめくって覚える・・・。それをしていたことがある人もいるかもしれません。それをもっと簡単な方法があります。この記事でご紹介するのは単語を覚えるのではなく、単語を身につける方法です。この記事ではその方法を簡単にわかりやすく紹介していきます。

 

英単語を暗記しない!覚えずに身につける「コアミーニング」法とは?

ここからは「コアミーニング」法について、お伝えします。

 

単語の「核のイメージ」を抑えて単語を身につける

最初にお伝えしたいことは、英単語には核となる意味「コアミーニング」があることです。

たとえば take には「自分のところに取り込む」というコアミーニング (core meaning) があります。そのコアミーニングから、何かを自分のところに持ってくる動作のイメージが可能です。そのイメージから、take の他の意味をイメージすることができます。この take ではイメージから取る、つかむ、とらえる、占領するなどの意味を引っ張ることができます。

 

bring という単語のコアミーニングは「ものをある場所に移動させる」です。そのイメージがあればよいのです。何かを持って移動するイメージです。そのイメージから持ってくる、連れてくるなどの意味を引っ張ることができます。

 

単語にはコアミーニングがあり、そこから派生するイメージを覚えておけばよいということです。そのイメージを持ちながら英会話をすることが大切になってきます。takebring の違いが判らないときは、このコアミーニングのイメージから判断するとわかりやすいのです。たとえば、傘をつかんでいるイメージであれば take an umbrella ですし、傘を持ってきているイメージであれば bring an umbrella というわけです。

 

 

英熟語も「核のイメージ」で身につける

このコアミーニングを知っていると、英熟語も身に着けやすくなります。take out は何かをつかんで取り込むイメージがあれば、何かを自分のところに持ってきて外に出るということもわかります。ものを持ってくる動作があります。一方の bring out は何かを持って外に出るイメージになります。こちらはその動作なしにもう既に持っているものを出す動作です。

take out
自分のところにつかんで持ってくる動作のあと、外に出す

bring out
自分のところにあるものを外に出す

 

たとえば、購入するという自分のところに持ってくる動作を経て、外に行く場合は take out になります。もうすでに持っていてそれを外に出すだけなら bring out になります。これらの文章からイメージするとわかりやすいと思います。他にも have, give, make, put … など熟語でたくさん出てくるようなものほど、このコアミーニングの感覚を持つとよいでしょう。

 

 

単語を覚えずに身につけるコアミーニング法

上記の例でもお伝えした流れを整理すると、単語を身につけるには以下の3ステップです。

  1. 単語のコアミーニングを調べる
  2. コアミーニングのイメージをする
  3. 覚えたイメージをもとに英語を使う

覚えるだけなら2までのような気がしますが、人は使わないものは忘れていきます。イメージしたものを使って初めて身につくのです。必ず3まで行います。

 

3で一番よいのは文章を作成、または例文を何度も音読することです。コアのイメージを持ちつつ英文そのものの場面をイメージすることが大切です。例を出すと、

The warm temperature brought out the blossoms.
その暖かい気候が花を咲かせた。

We will take out the championship.
私たちが優勝します!

 

この文章そのもののイメージをしながら音読することです。この「英語学習の効果を上げる方法」でも記述した通りで感情をこめてイメージをすることが大切です。上の例文では暖かい気候で花が咲いているシーンを思い浮かべて、きれいだなーと感じながら音読することです。また、サッカーチームでもなんでも思い浮かべて、気合を入れて音読することです。

 

 

 

まとめ

まとめると、英単語にはコアミーニングがあります。そのコアミーニングからイメージをすること。そのイメージから英単語、熟語、英文の意味を知ることができます。

そして、単語を覚えるのではなく身につけることが大切になってきます。それには、コアミーニング法を使って音読する。さらには音読の際には学習効果を高めるためにイメージと感情を一緒にすることです。今すぐに実践して効率よく勉強してください。