【幼児〜小学生】子供の英語・英会話の発音をよくする方法【最新版】

2020年3月2日

「子どもの英語の発音は正しいの?」
「子どもの英語の発音をよくしたい」
「子どもが正しい発音をしているか、気になる」

という方も多いと思います。英語を学ぶのであればよりよいものを求める気持ち、同感です。英語の発音が良くなれば、子どもの英語の成績も上がります。英語は理科や社会など他の教科と違い、大人になっても役立つ可能性は高いです。

海外在住2か国約4年・英会話メディアの運営者の私が「子どもの英語・英会話の発音をよくする方法」についてお伝えします。具体的には以下の内容です。

  • 発音できないものは聞き取れない
  • 英語の成績を上げるためにも発音を良くする
  • 英語の発音をよくする「フォニックス」とは?
  • 子どもの英語・英会話の発音をよくする方法

4分ぐらいで読むことができます。この記事をきっかけにして、子どもの英語の発音がよくなる可能性が高いです。ぜひ最後まで目を通してください。

 

【幼児〜小学生用】英語・英会話の発音をよくする方法

子どもの英語の発音を良くするとよい理由

ここでは以下について、述べていきます。

  • 英語はコミュニケーションするためもの
  • 発音できないものは聞き取れない
  • 英語の成績を上げるためにも発音を良くする

 

英語はコミュニケーションするもの

当たり前の話をします。英語の発音が悪ければ通じないです。英語の発音がよければ通じます。しかし、

「発音はカタカナ英語でも大丈夫」

と聞いたことがあるかもしれません。この考えには注意が必要です。発音がカタカナ英語でも大丈夫な場合は、相手があなたの話を聞き取ろうと気を遣ってくれています。つまり、聞いている相手に負担を強いる考え方です。子どもにスムーズに会話してほしいのであれば、カタカナ英語ではなく、ネイティブの発音を目指していきましょう。

 

 

発音できないものは聞き取れない

英語の発音がよくなると、リスニングにもよい効果があります。なぜなら、英語に限らず言語は

「発音できないものは聞き取れないから」

です。いわゆるカタカナ英語で発音できたとしても、聞き取り能力にとってはあまり意味がありません。ネイティブの英語が聞き取れないのは、発音がネイティブではないからです。

 

 

英語の成績を上げるためにも発音を良くする

2020年からの文部科学省の英語教育改革では、スピーキング・リスニングがより重視されます。大学入試でもスピーキングが取り入れられる時代です。中学校からの英語の授業は英語で行われるようになります。子どもの英語の成績をあげるためにも、英語の発音を良くし、スピーキングとリスニングの能力を上げておくとよいでしょう。

 

子どもの英語の発音を良くするとよい理由
・英語はコミュニケーションするもの
・発音できないものは聞き取れない
・英語の成績を上げるためにも発音を良くする

 

 

「フォニックス」で英語の発音をよくする

英語の発音を良くするためには「フォニックス」です。フォニックスとは、正しい発音の仕方を学ぶ方法と理解してください。

アルファベットと英語の音は違います。アルファベットの「A」と英語の発音の「A」は違うのです。フォニックスは、文字と音の間の規則性を明らかにし、読み方を教えるものです。

 

当たり前ですが、英語の発音を良くするためには、子どもが英語に取り組まなければなりません。しかし、子どもに発音の教科書を与えても、飽きてしまうだけ。また、発音を良くするためには自分で声に出す必要もあります。子どもが楽しんで声に出して練習することが必要です。

 

フォニックスとは
・正しい発音の仕方を学ぶ方法
・文字と音の間の規則性を明らかにし、読み方を教えるもの

 

 

英語の発音をよくする方法

英語の発音を良くする方法は「フォニックス」が最適です。「フォニックス」の Youtube 動画は多くあります。しかし、体系立てられないものも多く散見されるのが現状です。しっかりと構成されているものを選ぶのであれば、本や教材を選ぶとよいでしょう。

 

小学生のフォニックス

歌で発音を身につけるための教材です。子どものフォニックスという本ですが、大人の英語発音矯正にとってもよいものだと思います。歌うのが好きな子供には最適な教材です。子どもと一緒に歌いながら、楽しい時間を過ごしたい方におススメします。

 

 

フォニックスできれいな英語の発音がおもしろいほど身につく本

英語の基本の発音を学びながら、日常的なフレーズで応用していきます。Kindle版もあるので、スマホなどでも学ぶことが可能です。本や教材を持ちたくないという方におすすめします。

 

 

ディズニーの英語システム

子供をミッキーやミニーなどディズニーのキャラクターと一緒に楽しく英語を学ばせたいという方におススメです。幼児期から使える教材の作りになっていて耐久性は抜群。内容も、言語学や発達心理学を取り入れ構成もしっかり作られています。

 

現在、無料サンプルをプレゼントしているようです。無料なので損はしません。まずは無料サンプルで試してみても良いと思います。

 

 

世界10カ国以上で配信、幼児英語DVD【Goomies English for Kids】

対象年齢が0歳から6歳の幼児向けのDVDです。子どもが楽しみながら英語を学んでいく内容になっています。価格も3,000円台であり、コスパもいいです。話の内容も短く区切られていて、子どもに飽きさせない工夫もされています。子供の英語教育に本気でコミットするのであれば、無料よりも少額でもお金を支払った方が結果が出ることは間違いないです。

 

 

世界の七田式教材 (子供用)

子供用教材として実績がある英語・英会話教材です。この教材は、子どもの英会話学習に必要なリスニング教材が収録されています。スピーキングの部分に関しても、日常会話パターンから学ぶこと可能。子どもだけではなく、大人にとっても役立つ内容です。英語の発音だけではなく、英語も英会話もこれ1つでカバーできます。

 

公式サイトでは、現在限定キャンペーンを行っています。後で申し込もうとすると、キャンペーンが終わっていて損するかもしれません。今すぐ、下の公式サイトへのリンクからチェックしてください。

 

 

まとめ

子供の英語の発音を良くすると、英語での会話がスムーズにでき、英語の成績にも良い影響があります。英語の発音をよくするには、フォニックスです。フォニックスは正しい発音の仕方を学ぶもので、文字と音の間の規則性を明らかにし、読み方を教えてくれます。その英語の発音を学ぶには、しっかりとした教材が最適です。

 

この記事でご紹介した教材のポイントをまとめました。あらためて参考にしていただけたらうれしいです。

小学生のフォニックス ・歌いながら発音を学べる
・子供と一緒に楽しく学びたい人に
フォニックスできれいな英語の発音がおもしろいほど身につく本 日常会話フレーズから発音を学ばせたい
ディズニーの英語システム ディズニーキャラと一緒に英語を学べる
世界10カ国以上で配信、幼児英語DVD【Goomies English for Kids】 ・飽きさせない作り
・子供に楽しみながら学んでほしい方に
世界の七田式教材 (子供用) 英語の発音だけではなく、英語・英会話を学ばせたい

各教材をクリックすると、該当説明箇所にページ内移動します。

 

子ども達が英語の発音ができるようになると、子どもたちの世界が広がります。

「外国に行く予定ないし・・・」
「英語のネイティブスピーカーと話すことはないから・・・」

今は想定をしていないかもしれません。しかし、グローバルが叫ばれてもう何十年も経っています。子どもが大人になる頃には状況が変わっている可能性は高いです。

子どもの良い未来のために、今すぐ英語の発音や英語学習のための手を打ってほしいと思います。

 

 

 











「英会話が上達しない」と感じている人へ
なかなか上達しないですね・・・

私も、英会話が上達しない時期がありました。気持ちはよくわかります私は35歳から英会話学習を始め、その後、海外就職を果たせるぐらいに英会話が上達しました


結論
英会話上達の一番の近道は、実際に英語で誰かと話すことです


なぜ、実際に英語で誰かと話すことが英会話が上達する一番の近道なのでしょうか?

脳科学では、感情が動かすことが記憶定着のカギと言われています。誰かと話をする方が、一人で勉強するよりも感情は動きます。そのため、英語で誰かと会話をする方が英会話が身につくスピードが早くなるのです

でも、英語で話ができる人が身近にいないんです

そんなときに役に立つのが「オンライン英会話のキャンブリー」です


オンライン英会話キャンブリーには、大きく5つのメリットがあります。
キャンブリーのメリット
・外資系転職の面接対策ができる
・英語のネイティブスピーカーと話ができる
・間違いを気にせずに、安心して話すことができる
・ビジネス英会話をマンツーマンで学ぶことができる
・目的意識をはっきりとさせたうえで、授業を行うことができる

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



日本にいると、英語ができなくても困らないですよね

たしかにそうですね。でも、英語ができないと人材価値としてはあまり高くはなれませんよね

どういうことですか?

もうすでに、日本国内にいながら海外の仕事をすることも珍しくない時代です

たしかに。リモートワークが普及してきていますね

今、世界中の人との比較で人材価値が決まる流れになりつつあります。そうなると、英語ができないとキビシイのです

世界から見て、英語が話せない人は人材としての価値は低いということですか?

そのとおりです。自分の人材価値を下げないためにも、英語でコミュニケーションできることが最低限必要になってきます

でも、ネイティブの英語を聞いているとかなり大変そう

ネイティブスピーカーになろうとするのは難易度が高すぎます。まずは、英語で問題なく仕事ができることを目標にしましょう


今後の流れ
リモートで海外の人と仕事する機会が増える
英語を使って仕事ができないと、相対的に評価・人材価値がさがる


「英語を使って仕事ができる」ようになるのは、大変ではありませんか?

大丈夫です。仕事で必要な英語はかなり限定的です。そこだけ身につけることを考えましょう

1つに集中しようということですね

そうです。それには、仕事で必要な英語の練習をしたほうがいいです。キャンブリーは、仕事用のカリキュラムも充実しています。何よりチューターと目標意識を共有した上で授業を行うことができるところが強みです

キャンブリーだと、自分の目標からブレない英会話レッスンができるということですか?

そのとおりです。レッスンの最初に目標を聞いてくる先生が多いです。聞かれない場合もありますが、そのときは自分から申し出てもいいでしょう

自分の人材価値を下げないよう、英会話がんばります

これからは、英語が苦手な人の人材価値が下がっていきます。この傾向が加速する前に、今すぐ手を打つことが大切です

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



英語で会話ができると、以下のようなことが達成できるのではないでしょうか?
英語で会話ができると達成できること
・収入が上がる
・評価が上がる
・仕事の幅が広がる
・海外移住で役立つ
・海外の人たちと仲良くなれる
・周囲の人たちから一目おかれる
・外資系企業に就職 / 転職ができる

あなたの目標を達成するためにも、キャンブリーを一度確認してみてください。

オンライン英会話のキャンブリー 公式サイト
英会話を本気で上達させたい人、自分の人材価値を下げたくない人は、一度チェックしてみてください