英語の聞き流しよりもリスニングの力が上がる2つの方法

2020年2月28日

結論から言うと、英語の聞き流しよりもリスニングの力を上げる方法があります。

英語の聞き流しでは、ほとんどリスニングの力は上がらないのです。なぜなら、英語が聞き取れない状態で聞き流しても、英語音声を脳が雑音として処理してしまうからです。

では、どのようにしたら、英語のリスニングの力を向上させることができるのでしょうか。今回は、リスニングの力を上げる方法についてお伝えしていきます。

 

リスニングの力を上げるために必要なこと

結論から言うと、リスニングの力を上げるためには以下の2つの方法が有効です。

「リピーティング」
「シャドーイング」

 

私は海外で英語学校に通っていましたが、この2つの方法はどの先生もおっしゃっていました。そして、この2つの方法に出会ってから、私の英語リスニング力が格段に上がりました。

さすがに1日2日ぐらい実施してみただけでは、能力の向上は感じられません。しかし、3か月ぐらい実践すると違いが実感できます。

それではなぜ、これらの「リピーティング」「シャドーイング」で能力が上がるのでしょうか。

英語のリスニング力を上げる方法
リピーティング
シャドーイング

 

 

 

なぜ、この2つの方法でリスニングの力が上がるのか?

その理由を説明する前に、海外の英会話学校で教えてもらった格言をご紹介します。

You can NOT listen to what you are NOT able to speak.
話すことができないものは聞き取れない

 

逆に言うと、英語を聞き取ることができないのは英語を話せないからです。話すことのできない言語は、脳は雑音として処理します。例を挙げると、

・アラビア語、タイ語を聞き取れる人は、脳は言語を言語として認識
・アラビア語、タイ語を聞き取れない人は、脳は言語を雑音として認識

 

となります。つまり、あなたの脳内で言語を言語として認識するために、英語を口に出して話すことが必要です。

その英語を話す練習として、「リピーティング」「シャドーイング」の2つがあります。この2つの方法で話す練習をすると、結果的に英語のリスニング力もあがるのです。

「話すことができないものは聞き取れない」
話す練習の結果、リスニングの力が上がります。

 

 

 

リスニング力を上げる2つの方法

それでは、どのようにして「リピーティング」「シャドーイング」を進めたらよいのかについて、お伝えしていきます。

 

「リピーティング」の方法・手順

1. 英文がわかる音声を準備します
2. 音声を再生し、音声と同時に英文を見ながら声に出します

 

音声の選び方

音声は、流れてくる英語の文章がわかれば何でも大丈夫です。ここでは自分の力に合ったものを選ぶのがベターです。

例えば、TOEICのリスニングパートのスコアを上げたいのであれば、TOEICのリスニング教材がよいでしょう。

 

他にも、Youtubeで字幕があるものを選んでもよいでしょう。以下の記事も参考にしてください。

初心者向け英会話の書籍を購入しその付録CDを聞いてみても、自分が考えていた初心者のレベルとは違うことはよくあります。この記事では英会話上達に最適なYoutube動画をいくつかお伝えしていきます。[…]

 

 

「シャドーイング」の方法・手順

1. 英文がわかる音声を準備します
2. 音声を再生し、音声を聞いたあとすぐに英文を見ずに声に出します

 

音声の選び方

音声は、リピーティングと同じもので大丈夫です。正解かどうかを確かめるために英文があるものを選ぶとよいでしょう。

オンライン英会話の「レアジョブ」で、リスニングの力を無料で試すにはこちらから

 

 

 

英語の聞き流しよりもリスニングの力が上がる2つの方法 – まとめ

聞き流しではリスニング能力は上がりません。なので、リスニング能力を上げるには、以下の2つを実施するとよいでしょう。

英語の聞き流しよりリスニング力を上げる方法
・リピーティング
1. 英文がわかる音声を準備します
2. 音声を再生し、音声と同時に英文を見ながら声に出します
・シャドーイング
1. 英文がわかる音声を準備します
2. 音声を再生し、音声を聞いたあとすぐに英文を見ずに声に出します

 

「リピーティング」「シャドーイング」の2つを実施し続けてください。この2つで「話せないものは聞き取れない」から「話せるから聞き取れる」に変わっていきます。

私はこの「話すことができないものは聞き取れない」というお言葉をいただいてから、勉強方法を変えました。英語を聞き流すのではなく、リピーティングとシャドーイングを行うようになりました。そして、リスニング能力が改善されていくのを実感しました。

「リピーティング」「シャドーイング」どちらの方法も無料でできます。今すぐ試してみてください。

 

 

 





「英会話が上達しない」と感じている人へ
なかなか上達しないですね・・・

私も、英会話が上達しない時期がありました。気持ちはよくわかります私は35歳から英会話学習を始め、その後、海外就職を果たせるぐらいに英会話が上達しました


結論
英会話上達の一番の近道は、実際に英語で誰かと話すことです


なぜ、実際に英語で誰かと話すことが英会話が上達する一番の近道なのでしょうか?

脳科学では、感情が動かすことが記憶定着のカギと言われています。誰かと話をする方が、一人で勉強するよりも感情は動きます。そのため、英語で誰かと会話をする方が英会話が身につくスピードが早くなるのです

でも、英語で話ができる人が身近にいないんです

そんなときに役に立つのが「オンライン英会話のキャンブリー」です


オンライン英会話キャンブリーには、大きく5つのメリットがあります。
キャンブリーのメリット
・外資系転職の面接対策ができる
・英語のネイティブスピーカーと話ができる
・間違いを気にせずに、安心して話すことができる
・ビジネス英会話をマンツーマンで学ぶことができる
・目的意識をはっきりとさせたうえで、授業を行うことができる

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



日本にいると、英語ができなくても困らないですよね

たしかにそうですね。でも、英語ができないと人材価値としてはあまり高くはなれませんよね

どういうことですか?

もうすでに、日本国内にいながら海外の仕事をすることも珍しくない時代です

たしかに。リモートワークが普及してきていますね

今、世界中の人との比較で人材価値が決まる流れになりつつあります。そうなると、英語ができないとキビシイのです

世界から見て、英語が話せない人は人材としての価値は低いということですか?

そのとおりです。自分の人材価値を下げないためにも、英語でコミュニケーションできることが最低限必要になってきます

でも、ネイティブの英語を聞いているとかなり大変そう

ネイティブスピーカーになろうとするのは難易度が高すぎます。まずは、英語で問題なく仕事ができることを目標にしましょう


今後の流れ
リモートで海外の人と仕事する機会が増える
英語を使って仕事ができないと、相対的に評価・人材価値がさがる


「英語を使って仕事ができる」ようになるのは、大変ではありませんか?

大丈夫です。仕事で必要な英語はかなり限定的です。そこだけ身につけることを考えましょう

1つに集中しようということですね

そうです。それには、仕事で必要な英語の練習をしたほうがいいです。キャンブリーは、仕事用のカリキュラムも充実しています。何よりチューターと目標意識を共有した上で授業を行うことができるところが強みです

キャンブリーだと、自分の目標からブレない英会話レッスンができるということですか?

そのとおりです。レッスンの最初に目標を聞いてくる先生が多いです。聞かれない場合もありますが、そのときは自分から申し出てもいいでしょう

自分の人材価値を下げないよう、英会話がんばります

これからは、英語が苦手な人の人材価値が下がっていきます。この傾向が加速する前に、今すぐ手を打つことが大切です

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



英語で会話ができると、以下のようなことが達成できるのではないでしょうか?
英語で会話ができると達成できること
・収入が上がる
・評価が上がる
・仕事の幅が広がる
・海外移住で役立つ
・海外の人たちと仲良くなれる
・周囲の人たちから一目おかれる
・外資系企業に就職 / 転職ができる

あなたの目標を達成するためにも、キャンブリーを一度確認してみてください。

オンライン英会話のキャンブリー 公式サイト
英会話を本気で上達させたい人、自分の人材価値を下げたくない人は、一度チェックしてみてください