【なぜ?】英語・英会話が上達しない5つの理由

2020年3月1日

【なぜ?】英語・英会話が上達しない5つの理由

「英会話が上達しないな・・・」
「英語が、なかなかうまくならない」

と、お考えではないでしょうか。私も、英会話の上達までには時間がかかりました。

私は、今でこそ1か月で10万回以上読まれる英語・英会話学習サイトを運営しています。かつては、海外で就職し、仕事もしていました。

しかし、私自身、英語・英会話が上達しないという悩みがあったのも事実です。気持ちはよくわかります。

今回は、なぜ英語が上達しないのか?英会話が上達しない理由について、詳しくお伝えします。具体的には

  • 英語・英会話が上達しない5つの理由
  • 上達しない理由の各対処方法
  • 1から英語を勉強したい人におススメの学習方法

という内容です。

この記事を読むことで、英語・英会話が上達しない理由を簡単に理解することができます。3~4分ほどで読むことのできる内容です。ぜひ最後まで目を通してください。

【なぜ?】英語・英会話が上達しない5つの理由

ここからは、英語・英会話が上達しない理由を5つお伝えします。

 

目的意識がない・目的意識が薄い

次の質問に答えることができますでしょうか?

「なぜ、英語を勉強するのですか?」
「なぜ、英会話がうまくなりたいのですか?」

つまり、英語を勉強する目的があるのかどうか?です。答えは何でもよいと思います。たとえば、

  • 留学したい
  • 給料を上げたい
  • 海外に移住したい
  • 周囲から認められたい
  • 外資系企業に転職したい
  • 会社内の昇進条件をクリアしたい

など、いろいろあるでしょう。自分なりの目的意識が大切です。

なぜ、目的意識が大切なのかというと、目的がないと、どこに向かって勉強すればよいのかわからないからです。目的がないと、英語に対するモチベーションが上がることはありません。結果として、英語・英会話に上達な学習ができない・もしくは学習効果が薄くなります。

 

目的意識がないと英語・英会話上達は難しい
以下の質問に答えられるかどうか、確認をしてください
「なぜ、英語を勉強するのですか?」
「なぜ、英会話がうまくなりたいのですか?」

 

 

勉強量が足りない

何かを身につけるにはある程度、量を勉強する必要が出てきます。これは英語だけではなく、スポーツなどでも同様です。

何か1つの技能を習得するのに必要な時間は、約10,000時間といわれています。10,000時間を日数に直すと、約416.6日です。これは1日3時間勉強したとしても、計算上約3,333日かかります。9年以上です。

英語を日常的に使っている人以外は、そこまで学習に時間をかけるのは難しいと思います。しかし、英語・英会話上達にはある程度の勉強量が必要です。

「時間をかけるのは難しい・・・」

とあきらめないでください。コツコツと努力するための勉強時間、それをどのようにして作り出すかを考えるほうが現実的です。1万時間かけなくても

  • 海外生活する
  • 外資系企業に就職する
  • TOEICなどのテストのスコアアップ

は達成できます。

半年や1年などの短期間で、

「英語が上達しない」
「英会話がうまくならない」

と考えているのであれば、まず、考え方を変えてください。ここでは、

  • 勉強量を増やす
  • 学習時間を確保する
  • 英会話・英語学習は長期スパンで考える

のような考え方が必要です。

 

勉強量が足りないと英語・英会話上達は難しい
・英語習得には、学習時間が必要
・勉強時間をどのように確保するかをまず考えよう
・英会話・英語学習は長期戦であると考えて、コツコツ勉強する

 

 

疑問を放置している

この記事を読んでいる人は、英語・英会話を勉強していると思います。勉強しているときは、英語に集中しているかもしれません。

しかし、日常でも英語の疑問はふと思い浮かぶことがあります。たとえば、

「これって英語で何と言えばいいのだろう?」
「この日本語のフレーズ、英語だったらどう表現できるだろう?」

などです。疑問が浮かんだときに、すぐ調べるか調べないかで大きな差が出ます。英語・英会話が上達している人は、日常生活でも英語を取り入れています。

たとえば、日本の映画を見ていて

「私が見張られていることは間違いない」

というフレーズが出てきたとしましょう。ふと、この英語表現が気になったとします。気になったときにすぐ、英語表現を調べることが大切です。積み重ねると大きな差が出ます。

上記の「勉強量がたりない」の項目でお伝えした通り、英語習得には勉強量が必要です。日常生活の中でも

「これは、英語でどう表現すればいいのだろう?」

と、疑問に持つセンサーを立てて生活してみてください。疑問は放置せず、その場ですぐに調べましょう。

ほかにも、オンライン英会話を受けている人もいるかもしれません。講師との会話の中で、うまく答えられなかった箇所があったとします。英会話のやり取りの中で、答えられなかった箇所は「今のあなたの弱点」です。

弱点を1つ1つずつなくしていけば、英語・英会話は必ず上達します。

ちなみに上記の日本語に対する英会話フレーズは、

There’s no doubt I’m being watched.
私が見張られていることは間違いない

です。

 

疑問を放置していると英語・英会話上達は難しい
・疑問は放置しないことが大切
・「英語でどう表現すればいいのか」と考えながら生きていく
・弱点を1つ1つずつなくしていけば、英語・英会話は必ず上達する

 

 

音読していない

英会話・英語学習で必要なこと、それは「音読」です。英語に限らず、言語学習では、音読が習得のカギになります。

音読とは、英文を見ながら実際に声に出すことです。音読がなぜ効果的かというと、通訳などで活躍している方たちが、実際に行っている勉強法だからです。

音読とは、たとえば

What would you do if I told you?
聞いてどうするの?

という英文を何度も声に出します。文章を見ずに、口からスムーズに出るまで練習する方法です。

英文を眺めていても、英会話ができるようになることはありません。音読せずにテスト問題を解いていても、英語を話せることはありません。英語・英会話上達には、口に出す練習を数多くこなす必要があります。

 

音読していないと英語・英会話上達は難しい
・英語習得には「音読」が必要
・音読を数多くこなすことが英会話上達には必要

 

 

何を勉強したらよいかわからない

そもそも英語学習で

「最初は何をすればいいの?」
「単語?文法?発音?何から手を付けたらよいのかわからない」

という状態であれば、英会話・英語上達はきびしいかもしれません。その場合は、

  1. 目的をはっきりと意識する
  2. 自分のレベルを知る

の2つが大切です。

 

目的をはっきりと意識する

最初に「どうなりたいか」を明確にする必要があります。たとえば、ある人は

「英語を使う仕事に就きたい」

という目的で英語学習をするとします。また別の人は

「TOEICのスコアを上げて、昇進条件をクリアしたい」

という目的かもしれません。

「英語を使う仕事に就きたい人」と「TOEICのスコアを上げて、昇進条件をクリアしたい人」の英語学習方法は違います。

上達しない理由1 : 目的意識がない・目的意識が薄い でもお伝えしましたが、目的をはっきりさせないことには、英語学習が回り道する可能性があります。

 

自分のレベルを知る

自分のレベルを知ることで「次に何を勉強すればよいのか?」がわかります。

たとえば「英語を使う仕事に就きたい人」であれば、その仕事の業界の英語を最優先で身につける必要があります。英単語や英会話フレーズは、その業界にあわせたものを勉強しましょう。

また「TOEICのスコアを上げたい人」であれば、まず現状のTOEICのスコアを知ることから始める必要があるでしょう。目標のスコアと現状のスコアと照らし合わせて、弱点を補強することが大切です。

もし「学生時代に習った英語はほとんど忘れたので、1から学習したい」というのであれば、おススメは 瞬間英作文 です。なぜなら、この瞬間英作文で中学英語の文法の復習ができるからです。そして、同時に英会話の基礎を身につけることができます。

何を勉強したらよいかわからないと英語・英会話上達は難しい
・目的意識を、もう一度はっきりさせることから始める
・自分のレベルを知ることで、何を勉強したらよいかがわかる

 

 

まとめ

ここまで、英語・英会話が上達しない理由をお伝えしました。おさらいすると

になります。逆に言えば、

  • 目的意識をはっきりさせる
  • 勉強量を増やす・勉強時間を確保する
  • 疑問はすぐに解決する
  • 口から英語を出す練習をする
  • 目標と自分の現状のレベルを照らし合わせて、するべき勉強を決める

ことで、英語・英会話は必ず上達します。今すぐ、実践できるものばかりです。試してみていただけたらと思います。

私が英語学習をしたのは35歳のときです。帰国子女でもエリートでもないタダの人間です。

それでも、海外で就職しました。そして、1か月で10万回以上読まれる英語学習サイトも運営できるようになりました。私ができたのですから、あなたもできます。自信を持って、英語・英会話学習に取り組んでいただけたらと思います。

 

あわせて読みたい