なぜ「英語・英会話が身につかない」と感じるのか?

2020年3月1日

なぜ「英語・英会話が身につかない」と感じるのか?

「実際に話したときにうまく話せなかった」
「英会話の勉強をしていてるのになかなか身につかない」

そういうことはないでしょうか。気持ちはよくわかります。なぜなら、私も同じだったからです。

今回は「身についていないなー」「上達していないなー」と感じるとき、どうしたらよいのかについてお伝えします。解決策を提示しました。参考にしていただけたらうれしいです。

なぜ「英語・英会話が身につかない」と感じるのか?

では、なぜ英語が身につかない、身についていないと感じるのでしょうか。これにはいくつか理由があります。

 

英語での会話で失敗したから

「英会話に失敗すること」は、当たり前のことです。

何かに挑戦すると上達のプロセスのどこかで失敗します。英語だけではなく、初めての経験や行動であれば当然のことです。

対処としては、失敗を受け入れることです。

英会話で失敗しても死ぬことはありません。言い間違えることはよくありますし、恥をかくこともあるでしょう。失敗から学べばよいのです。

たとえば、英会話で間違えて恥をかくと、そのときの会話の内容やそれらに関連したことは早く覚えられます。そうやって覚えていけばよいだけです。

最初から立ち上がれる赤ちゃんはいません。何度も立ち上がろうとして立ち上がれるようになるのです。同じように何度も挑戦して、会話をうまくできるようにしていきましょう。

 

 

成長の実感がないから

成長の実感がないこと、身についていないと感じる原因の1つです。勉強をしても身についている実感がわかないことがあります。成長の実感が沸かない場合はどうしたらよいのでしょうか。

成長の実感が感じられないときは「小さな成功体験を積み上げる」ことです。

 

何を成功体験というかは、人によります。ここは自信をつけるためなので、小さいものを選んでください。例を挙げると以下のようなものです。

  • 英語でひとこと、あいさつできた
  • 英会話文を1つ身につけられた
  • 英会話の先生と、楽しくお話しできた

 

 

勉強方法が間違っていると感じる

英語が身についていないと感じたとき、勉強方法が間違っていると思う人もいるでしょう。そういうときはどのようにしたらよいでしょうか。

 

「何かを身につけるには時間がかかる」という認識を持つことが大切です。何かを習得し、身につけるまでには1万時間必要といわれています。

  • マーケティング
  • セールス
  • プログラミング

もちろん、英会話も身につけるには時間が必要です。当然その1万時間の先もあり、練習や経験が必要となります。勉強や経験に時間をかけ、身につくのには時間がかかるという認識を持ちましょう。

 

勉強が楽しくないから

そもそも英会話の勉強が楽しくないこともあるでしょう。しかし、英会話の練習なしで身につくことはありません。英会話が楽しくないときは、どのようにしたらよいのでしょうか。

楽しくないなら楽しくなるように工夫しましょう。私がおススメしているのはあなたの趣味で英語を勉強することです。英語で趣味を楽しみながら学ぶことです。

たとえば、私の場合はゲームです。ゲームを英語でプレイします。ゲーム内のテキスト文章を音読して、英語の勉強と趣味を兼ねています。さらにその趣味の内容を、実際に英語のネイティブスピーカーと話すことが、勉強方法として一番のおススメです。

 

英語のネイティブスピーカーと話すには、オンライン英会話が最適です。趣味で身につけた英会話を実際に話してみると、身につきます。ぜひ試してみてください。

 

 

 

まとめ

英語・英会話が身につかない、身についていないと感じるときはどうしたらよいのかについて、ここまでお伝えしました。まとめると以下の通りとなります。

・英語での会話で失敗したから
失敗するのは当たり前という考えを持つ

・成長の実感がないから
勉強した内容を実際に使ったときが成長という考えを持つ

・勉強方法が間違っていると感じる
何かを身につけるには時間がかかるという考えを持つ

・楽しくないから
趣味×英語で楽しみながら学ぶ

 

英語でも何でも、学びは考え方ひとつで変わります。ぜひ今すぐ実践してみてください。

 

また、英会話の勉強で大切なことは2つの問題に対処することです。

  • 「英語が話せない」
  • 「英語が聞き取れない」

 

英会話の勉強方法を確認したいときは、当ブログ内の他の記事を参考にしていただけたらうれしいです。

(参考記事) ※ 当ブログ

英会話力を上達させる簡単な方法
英語学習を習慣化するためにできること
独学で出来る英会話勉強法
英語学習の効果を上げる方法
一番簡単な実践的英会話勉強法
英会話の効率の良い勉強を格安で実施する方法

 

 





「英会話が上達しない」と感じている人へ
なかなか上達しないですね・・・

私も、英会話が上達しない時期がありました。気持ちはよくわかります私は35歳から英会話学習を始め、その後、海外就職を果たせるぐらいに英会話が上達しました


結論
英会話上達の一番の近道は、実際に英語で誰かと話すことです


なぜ、実際に英語で誰かと話すことが英会話が上達する一番の近道なのでしょうか?

脳科学では、感情が動かすことが記憶定着のカギと言われています。誰かと話をする方が、一人で勉強するよりも感情は動きます。そのため、英語で誰かと会話をする方が英会話が身につくスピードが早くなるのです

でも、英語で話ができる人が身近にいないんです

そんなときに役に立つのが「オンライン英会話のキャンブリー」です


オンライン英会話キャンブリーには、大きく5つのメリットがあります。
キャンブリーのメリット
・外資系転職の面接対策ができる
・英語のネイティブスピーカーと話ができる
・間違いを気にせずに、安心して話すことができる
・ビジネス英会話をマンツーマンで学ぶことができる
・目的意識をはっきりとさせたうえで、授業を行うことができる

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



日本にいると、英語ができなくても困らないですよね

たしかにそうですね。でも、英語ができないと人材価値としてはあまり高くはなれませんよね

どういうことですか?

もうすでに、日本国内にいながら海外の仕事をすることも珍しくない時代です

たしかに。リモートワークが普及してきていますね

今、世界中の人との比較で人材価値が決まる流れになりつつあります。そうなると、英語ができないとキビシイのです

世界から見て、英語が話せない人は人材としての価値は低いということですか?

そのとおりです。自分の人材価値を下げないためにも、英語でコミュニケーションできることが最低限必要になってきます

でも、ネイティブの英語を聞いているとかなり大変そう

ネイティブスピーカーになろうとするのは難易度が高すぎます。まずは、英語で問題なく仕事ができることを目標にしましょう


今後の流れ
リモートで海外の人と仕事する機会が増える
英語を使って仕事ができないと、相対的に評価・人材価値がさがる


「英語を使って仕事ができる」ようになるのは、大変ではありませんか?

大丈夫です。仕事で必要な英語はかなり限定的です。そこだけ身につけることを考えましょう

1つに集中しようということですね

そうです。それには、仕事で必要な英語の練習をしたほうがいいです。キャンブリーは、仕事用のカリキュラムも充実しています。何よりチューターと目標意識を共有した上で授業を行うことができるところが強みです

キャンブリーだと、自分の目標からブレない英会話レッスンができるということですか?

そのとおりです。レッスンの最初に目標を聞いてくる先生が多いです。聞かれない場合もありますが、そのときは自分から申し出てもいいでしょう

自分の人材価値を下げないよう、英会話がんばります

これからは、英語が苦手な人の人材価値が下がっていきます。この傾向が加速する前に、今すぐ手を打つことが大切です

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



英語で会話ができると、以下のようなことが達成できるのではないでしょうか?
英語で会話ができると達成できること
・収入が上がる
・評価が上がる
・仕事の幅が広がる
・海外移住で役立つ
・海外の人たちと仲良くなれる
・周囲の人たちから一目おかれる
・外資系企業に就職 / 転職ができる

あなたの目標を達成するためにも、キャンブリーを一度確認してみてください。

オンライン英会話のキャンブリー 公式サイト
英会話を本気で上達させたい人、自分の人材価値を下げたくない人は、一度チェックしてみてください