hue の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2022年2月25日

hue の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

hue「色相」「色彩」「色合い」という意味です。今回はこの hue について、簡単にお伝えします。




hue の意味と簡単な使い方

hue「色相」「色彩」「色合い」という意味です。この単語は「色を識別するための属性」という意味で使います。具体的には、以下の例文をご確認ください。

 

例文

She demanded clothes in rich hues.
彼女は、豊かな色調の服を要求しました

I added yellow paint to get a warmer hue.
色相を明るくするために、黄色を加えた

I’ve never seen sparkling eyes such a strange hue.
そんな不思議な色合いの輝いた目を、私は今まで見たことはありません

We have to respect governments of all political hues.
私たちは、すべての政治的色合いをもつ政府を尊重せねばならない

The mansion is beautiful with the floors tiled in rich hues.
その館は、豊かな色合いのタイル張りの床で美しいです

We detected an individual whose the hue has worsen suddenly.
突然、色相が悪化した人がいました

I saw the sandy brown hue cast its shade upon the horizon.
水平線に砂のような茶色が影を落とすのを見ていた

The artist considered the sculpture in hues of green, blue, and inky-black darkness suspended from the ceiling.
その芸術家は、天井からつるされた緑、青、漆黒の闇の色調の彫刻を考えました

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は身につけておくとよいかもしれません。ご参考までに。

hue
色相、色彩、色合い

demand
要求する

rich
豊かな、リッチ

warm
暖かい

sparkling eyes
輝いた目

strange
奇妙な

political
政治的な

mansion
館、邸宅

detect
検知する

individual
個人

worsen
より悪くさせる

cast shade
影を落とす

horizon
水平線

artist
芸術家

sculpture
彫刻

ceiling
天井

suspend
つるす、一時中断する

inky-black darkness
漆黒の闇