It can’t be ~ の意味と簡単な使い方【例文あり】

2019年7月23日

It can't be ~ の意味と簡単な使い方【例文あり】

英語で、映画やニュースを見ているとよく出てくる It can’t be ~ というフレーズ。今回はこの It can’t be ~ の意味と簡単な使い方について、お伝えします。

 

It can’t be ~ の意味と簡単な使い方

It can’t be ~「~という可能性はない」という意味になります。「~の可能性が0」といいたいときに使用します。例文を参考にしてください。

 

It can’t be ~ の例文

It can’t be true.
それは真実ではない

It can’t be done.
それはできない

It can’t be worth.
それに値するものではない

It can’t be earned.
それは稼げない

It can’t be explained.
それは説明できない

It can’t be about society.
それは社会についてであるはずがない

It can’t be given up for anything.
なにかをやめられるはずがない

It can’t be lengthened by any precautionary measures.
予防対策によって引き延ばすことはできない

It can’t be done with small bursts of high-quality interaction.
高い品質の相互作用の少しの影響で成し遂げられるはずがない

It can’t be simulated by deterministic laws depending on past history.
過去の歴史に沿った決定的な法律でシミレーションできるはずがない

 

 

It can be ~ の例文

It can be ~ は「~かもしれない」という意味です。表現している人が可能性を少し感じている場合に使用します。

It can be done.
できるかもしれません

It can be simple.
それは単純かもしれない

It can be quite the stressful process.
それはとてもストレスがたまるプロセスかもしれません

It can be really good to realize forces larger than ourselves.
我々より大きな力を自覚するにはよいかもしれません

 

また、例文の発音を確認したい方は以下のページを参考にしてください。

英文を眺めているだけで、ネイティブの発音はわかりません。しかし、どんな英文でもネイティブ並みの発音、イントネーションを確認する方法があります。 […]

 

 

まとめ

It can’t be ~ の形だと可能性がなくなり、It can be ~ だと可能性が少し出てくるという形です。It can’t be ~ は映画、ニュースなどでよく耳にするフレーズです。使えるようにするために音読して練習して脳みそに刻み込んでいただけたらと思います。

It can’t be ~
~という可能性はない、~できない

It can be ~
~かもしれない

 

 

 

 

スタディサプリEnglishで日常英会話を身に着けよう!
スタディサプリENGLISHは、リクルートが運営する英会話学習アプリです。
このアプリを使用することで、リスニング・スピーキング能力を上げることができます。
スタディサプリENGLISH「日常英会話コース」
スタディサプリEnglishは、以下の人に効果があります。
特に、今まで英語・英会話学習に挫折してきた人にとっては、最適のアプリです。

  • 英会話初心者
  • 楽しく学びたい
  • リスニング能力を上げたい
  • 英語・英会話学習が続かず、挫折したことがある