grim の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2020年1月22日

grim の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

grim「怖い」「残忍な」「恐ろしい」という意味です。今回はこの grim について、簡単にお伝えします。




grim の意味と簡単な使い方

grim「怖い」「残忍な」「恐ろしい」という意味です。希望のない状態、悲しい状態、とても不快で気持ちの悪い状態を指します。例文は以下の通りです。

 

grim の例文

His face turned grim.
彼の表情が残忍なものに変わった

I heard the grim news of the government.
政府の恐ろしいニュースを聞いた

She emerged a grim expression on her face.
彼女は怖い表情をしていた

I felt the room that is a little bit grim, to be honest.
正直言って、その道は怖いと感じました

 

また、例文の発音を確認したい方は以下のページを参考にしてください。

英文を眺めているだけで、ネイティブの発音はわかりません。しかし、どんな英文でもネイティブ並みの発音、イントネーションを確認する方法があります。 […]

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。grim は、英会話ではあまり使わないかもしれません。しかし、資格試験などの覚えておくべき単語です。この記事を見ているタイミングで身につけていただけたらうれしいです。

grim
怖い、残忍な、恐ろしい、不屈の

expression
表情

to be honest
正直に言うと

 

 

 





【お知らせ】英会話の上達に興味がある方へ
オンライン英会話の Cambly(キャンブリー) は、当サイトで1番人気があります。


以下の人にとって、最適なオンライン英会話サービスです。

  • ビジネス英会話を学びたい人
  • TOEFL/IELTSの勉強がしたい人
  • 最近、英会話が伸び悩んでいる人
  • バイリンガル教育に興味のある人
  • 就職・転職活動で英語のインタビューの練習がしたい人
  • 英語が話せるようになりたいが日本で英語を話すチャンスがない人

オンライン英会話のキャンブリーを体験しました!
英会話の上達を考えている人は、チェックしてみてください。