Let bygones be bygones の意味と簡単な使い方【例文あり】

2022年10月15日

Let bygones be bygones の意味と簡単な使い方【例文あり】

bygone「過去の」という意味になります。この単語を使った言い回しで、次の表現があります。

Let bygones be bygones.

では、どういう場面でこのフレーズが使われるのでしょうか?

今回は Let bygones be bygones. について、簡単にお伝えします。




Let bygones be bygones の意味と簡単な使い方

Let bygones be bygones.「過去は過去」「それはそれ、これはこれ」という意味です。過去のことは忘れて、和解しましょうというときに使います。This is this, and that is that. 「これはこれ、それはそれ」と同じ意味です。具体的には例文をご確認ください。

 

例文

Maybe you should let bygones be bygones.
あなたは、過去を水に流すべきなのではないだろうか

I am not unwilling to let bygones be bygones.
過去を水に流すことはやぶさかではない

I’m almost forty years old. Sort of let bygones be bygones.
もうすぐ40です。過去のことは問いませんよ

The child labor is against the law. Seems the rule don’t apply to the government‐managed laboratory.
その未成年労働は違法です。国営研究所がルールを守っていないようですね
I’m only 15.
私は15歳なのですが・・・
Let bygones be bygones.
それはそれ。これはこれ

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。過去のことで思い悩まされたとき、友達と仲直りしたいとき、そういうときにこの表現を使って相手に伝えることができるといいですね。ご参考までに。

bygone
過去の

Let bygones be bygones.
過去は過去。それはそれ、これはこれ

This is this, and that is that.
これはこれ、それはそれ

 

 



「英語で会話するのが不安」という気持ち、ありませんか?
実際、海外に住む前の私もそうでした。その気持ちはよくわかります。その不安を解消するのに最適なのがオンライン英会話サービスのレアジョブです。業界最王手で日本語のサポートも充実しています。初心者用の英会話練習やTOEIC対策なども万全。「英語での会話に慣れたい」など最初の入り口にピッタリです。登録はこちらから。
会員数100万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」
「ネイティブの発音・スピードについていけない」と、お考えではないでしょうか?
私もネイティブとの会話についていけなくて、何度もくやしい思いをしました。そして、その悩みを解決するには、このCAMBLY (キャンブリー) でレッスンするのが一番です。全世界のネイティブ講師とオンラインでいつでも会話ができます。録画機能もあり、聞き直しも可能。日常会話をするのにも海外就職・留学などさらに上を目指す人にとってもベストなのが、このキャンブリーです。無料で試すにはこちらから。

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】