providence の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2022年3月14日

providence の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

providence「摂理」という意味です。今回はこの単語について、簡単にお伝えします。




providence の意味と簡単な使い方

providence「摂理」という意味です。具体的にどのように使われるかは、下の例文を確認してください。

  • 保護・霊的なケアを提供する自然・神
  • 人間にはない影響力を持ち、人々の生活を支配していると考えられているもの

 

例文

She isn’t going to defend the providence of God.
彼女は、神の摂理を正しいと主張することはありません

The illegal immigrants regard her death as an act of providence.
不法移民の人たちは、彼女の死を神の天意によるものとみています

They believed their suffering was sent by a special providence of God.
彼らは、苦しみが神の特別なお導きによってもたらされると信じていました

That’s the reason why the divine providence revealed himself in the story.
それが、神の摂理が物語の中で明らかになった理由です

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

providence
摂理

defend
守る、正しいと主張する

death

illegal
不法の

immigrants
移民

suffering
苦しみ

reveal
明らかになる