providence の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2022年3月14日

providence の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

providence「摂理」という意味です。今回はこの単語について、簡単にお伝えします。




providence の意味と簡単な使い方

providence「摂理」という意味です。具体的にどのように使われるかは、下の例文を確認してください。

  • 保護・霊的なケアを提供する自然・神
  • 人間にはない影響力を持ち、人々の生活を支配していると考えられているもの

 

例文

She isn’t going to defend the providence of God.
彼女は、神の摂理を正しいと主張することはありません

The illegal immigrants regard her death as an act of providence.
不法移民の人たちは、彼女の死を神の天意によるものとみています

They believed their suffering was sent by a special providence of God.
彼らは、苦しみが神の特別なお導きによってもたらされると信じていました

That’s the reason why the divine providence revealed himself in the story.
それが、神の摂理が物語の中で明らかになった理由です

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

providence
摂理

defend
守る、正しいと主張する

death

illegal
不法の

immigrants
移民

suffering
苦しみ

reveal
明らかになる

 



「英語で会話するのが不安」という気持ち、ありませんか?
実際、海外に住む前の私もそうでした。その気持ちはよくわかります。その不安を解消するのに最適なのがオンライン英会話サービスのレアジョブです。業界最王手で日本語のサポートも充実しています。初心者用の英会話練習やTOEIC対策なども万全。「英語での会話に慣れたい」など最初の入り口にピッタリです。登録はこちらから。
会員数100万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」
「ネイティブの発音・スピードについていけない」と、お考えではないでしょうか?
私もネイティブとの会話についていけなくて、何度もくやしい思いをしました。そして、その悩みを解決するには、このCAMBLY (キャンブリー) でレッスンするのが一番です。全世界のネイティブ講師とオンラインでいつでも会話ができます。録画機能もあり、聞き直しも可能。日常会話をするのにも海外就職・留学などさらに上を目指す人にとってもベストなのが、このキャンブリーです。無料で試すにはこちらから。

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】