toll の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2022年2月19日

toll の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

toll「料金」「使用料」「通行料」「死者数」「犠牲者数」「ゆっくりと鐘を鳴らす」という意味です。

今回はこの toll について、簡単にお伝えします。




toll の意味と簡単な使い方

toll「料金」「使用料」「通行料」「死者数」「犠牲者数」「ゆっくりと鐘を鳴らす」という意味です。この単語は、以下の場面で使います。具体的にどのように使われるかは、下の例文を確認してください。

  • 場所の料金・使用料
  • 橋や高速道路などの通行料
  • 事故や災害による死者数・犠牲者数
  • ゆっくりと繰り返し鐘を鳴らす

 

toll「料金」「使用料」「通行料」例文

He refused to pay the toll.
彼は、使用料の支払いを拒否した

The construction company built toll highways.
建設会社は、有料の高速道路を建設しました

They dismissed the bridge toll scheme as impractical.
彼らは、橋の通行使用料を非現実的として却下しました

The highways before the toll gate are congested during this time of the year.
この時期の高速の料金所前は、混雑しています

 

 

toll「死者数」「犠牲者数」例文

take a toll「死者、犠牲者を出す」という意味です

The death toll has risen to 5,000.
死者数は5千人に達した

The official casualty toll stands at 367.
公式の犠牲者数は367人です

Infection has taken a heavy toll on them.
感染は、彼らに多くの犠牲を払わせている

The actual death toll continues to mount.
実際の死者数は増え続けています

The coronavirus took a heavy toll of human life.
コロナウィルスは、多くの死者を出した

The Government estimate the final death toll could reach 550,000.
政府は、最終的な死者数は550,000人と予測しています

 

 

toll「ゆっくりと鐘を鳴らす」例文

The shrine bell began to toll.
神社の鐘が鳴り始めた

The students seated themselves as a bell tolled, signaling the start of class.
授業開始の鐘が鳴ったので、生徒たちは席に着いた




まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

toll
料金、使用料、通行料、死者数、犠牲者数、ゆっくりと鐘を鳴らす

take a toll
死や犠牲を引き起こす、ダメージを与える

refuse to ~
~するのを拒否する

construction company
建設会社

dismiss
却下する

scheme
計画

impractical
非現実的な

congest
混雑する、渋滞する

death

casualty
犠牲

stand at …
… という数値である

mount
乗る、登る、上がる、増加する

actual
実際の

estimate
予測、見積もり、見積もる

final
最終的な

reach
達する

shrine
神社

seat
座る、席に着く、シート

signal
信号、きっかけ、シグナル