aver の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2021年6月23日

aver の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

aver「断言する」「証言する」「真実を述べる」という意味です。今回はこの aver について、簡単にお伝えします。




aver の意味と簡単な使い方

aver「断言する」「証言する」「真実を述べる」という意味です。正しいことを言う、法廷などの場で伝えるときに使います。例文は以下の通りです。

 

aver の例文

The detective averred his guilty.
その探偵は、彼の罪の証言をした

“I want to document their culture.” I averred.
「私は彼らの文化を詳細に記録しておきたいのです」と言いました

“One should be ready for emergency use.” he avers.
「ひとりは緊急使用に備えるべきです」と彼は断言しました

“It is not a good idea to implement this plan.” she averred.
「この計画を実行するのはよい考えではない」と彼女は言いました

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。会話上は、あまり使わないとは思います。本や映画では触れられる単語です。必要な方は身につけておくとよいかもしれませんね。

aver
断言する、証言する、真実を述べる

detective
探偵

guilty

emergency
緊急

implement
実行する

document
文書、記録する