creak の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2022年7月4日

creak の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

creak は「きしみ」「きしむ」という意味です。今回はこの creak について、簡単にお伝えします。




creak の意味と簡単な使い方

creak は「きしみ」「きしむ」という意味です。この単語は以下のように使います。具体的にどのように使われるかは、下の例文を確認してください。

  • ドアや床など物体を動かしたときに音が出る
  • 物を動かしたときに圧力や重さで出る甲高い音
  • ドアや床などがきしむときに出る低くて長い音

 

例文

A creak sounded.
きしむ音がした

Don’t creak the gate.
門でキーキーと音をだすなよ

The door started to creak open.
ドアがきしみながら開き始めました

The curtain creaked across the rail.
カーテンがレールを横切ってきしみました

Then I heard a door creak in the back of me.
そして、私の後ろでドアのきしむ音がしたのです

I heard a floorboard creak on the wooden stairs.
木の階段の床板がきしむ音がした

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

creak
きしみ、きしむ

sound
鳴る、音がする、サウンド

gate

curtain
カーテン

floorboard
床板

stair
階段