dissident の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2022年2月20日

dissident の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

dissident は「反対の」「反対する人」という意味の名詞・形容詞です。今回はこの dissident について、簡単にお伝えします。




dissident の意味と簡単な使い方

dissident は「反対の」「反対する人」という意味の名詞・形容詞です。この単語は、以下のことを指しています。具体的にどのように使われるかは、下の例文を確認してください。

  • 政府・国家の政策に反対の
  • 政府などの政策に対し、反対する人

 

例文

She had been fired as a dissident.
彼女は、反体制派として解雇されました

It is likely to be packed with dissidents.
反体制派でいっぱいになりそうです

That was the dissident movement in this state.
それが、この反体制活動でした

The political dissident was cast out from this city.
反体制派は、この街から追い出されました

The dissolution is not a sanction to wield against dissident parliament.
解散は、反対する議会に抗議するための制裁ではない

They tortured and imprisoned the dissident who led the people to freedom from communism in that year.
彼らは、その年共産主義から自由主義へと人々を導いた反体制派を拷問し、投獄した

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

dissident
反対の、反対する人

fire
火、発射する、火をつける、クビにする

pack with …
詰め込む

movement
活動

state
州、国家、様子、状態

political
政治的な

cast out
追い出す

sanction
制裁

wield
武器などを使う、権力などをふるう、多くの人に影響を与える

parliament
議会

freedom
自由、自由主義

communism
共産主義

torture
拷問する

imprison
投獄する

lead
導く、リード

 



「英語で会話するのが不安」という気持ち、ありませんか?
実際、海外に住む前の私もそうでした。その気持ちはよくわかります。その不安を解消するのに最適なのがオンライン英会話サービスのレアジョブです。業界最王手で日本語のサポートも充実しています。初心者用の英会話練習やTOEIC対策なども万全。「英語での会話に慣れたい」など最初の入り口にピッタリです。登録はこちらから。
会員数100万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」
「ネイティブの発音・スピードについていけない」と、お考えではないでしょうか?
私もネイティブとの会話についていけなくて、何度もくやしい思いをしました。そして、その悩みを解決するには、このCAMBLY (キャンブリー) でレッスンするのが一番です。全世界のネイティブ講師とオンラインでいつでも会話ができます。録画機能もあり、聞き直しも可能。日常会話をするのにも海外就職・留学などさらに上を目指す人にとってもベストなのが、このキャンブリーです。無料で試すにはこちらから。

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】