financial の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

financial の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

financial「金融の」「財務の」という意味です。今回はこの financial について、簡単にお伝えします。




financial の意味と簡単な使い方

financial「金融の」「財務の」という意味です。お金にまつわること、金融関係を表すときに使います。

また、financials と後ろに s がつくと名詞になります。financials「財政」「財力」という意味です。

発音注意の単語になります。あわせてご確認ください。

financial
金融の、財務の

financials
財政、財力

どのように使われるかは、下の例文を見るとわかりやすいと思います。

 

「金融の」「財務の」(形容詞) 例文

It gave us greater financial stability.
それは、大きな財政的な安定をもたらしました

The man offered financial assistance to her.
その男性は、彼女に経済的支援を提供した

The tax office imposed an additional financial burden on me.
税務署は、私に追加負担を課した

It might be wrong to venture the financial security on this deal.
この取引で、生活の安定を危険にさらすのは間違っているかもしれません

The annual report was inconsistent with financial strengths and statements.
年次報告書は、財務力と決算書に矛盾点がありました

He could be compensated for his loss of subsidies to ease financial difficulties.
彼は経済的困難を緩和するために、補助金の損失を補填しました

The licensed corporate financial analyst pointed out the compensation formula system.
認定企業財務アナリストは、報酬計算式システムについて指摘しました

The financial planner advised that they had to file these certified financial statements.
ファイナンシャルプランナーは、これらの公認の財務諸表を提出する必要があったとアドバイスしました

 

 

「財政」「財力」(名詞) 例文

名詞の場合は financialss が付きます。

They paid attention to her financials.
彼らは、彼女の財力に注視していた

He relied on her for the preparation of the year-end financials.
彼は、年末のお金のやりくりの面で彼女を信頼していた




まとめ

いかがでしたでしょうか。入試や TOEIC などのテストで出てくる単語です。必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

financial assistant 財政支援、経済的支援
financial strength 財務体質、財政健全度
financial stability 財政の安定
financial security 生活の安定
financial analyst 財政アナリスト、財務分析者
financial statements 決算書、財務諸表
financial burden 金融負担
financial difficulties 財政難、経済的困難

financial
金融の、財務の

financials
財政、財力

impose A on B
A を B に課す

venture
思い切ってやる、危険にさらす

deal
取引

annual report
年次報告書

inconsistent
矛盾する、矛盾の多い

compensate
補償する

subsidy
補助金、助成金

ease
和らげる、緩和する

point out
指摘する

licensed
認可された、免許を受けた

certified
補償された、公認の

formula
公式、方式、計算式、決まったやり方

file
書類整理する、提出する

year-end
年末、年の終わり

pay attention to …
… に注意する、… に注意を払う

rely on …
… を頼りにする

 

 

 





「英会話が上達しない」と感じている人へ
なかなか上達しないですね・・・

私も、英会話が上達しない時期がありました。気持ちはよくわかります私は35歳から英会話学習を始め、その後、海外就職を果たせるぐらいに英会話が上達しました


結論
英会話上達の一番の近道は、実際に英語で誰かと話すことです


なぜ、実際に英語で誰かと話すことが英会話が上達する一番の近道なのでしょうか?

脳科学では、感情が動かすことが記憶定着のカギと言われています。誰かと話をする方が、一人で勉強するよりも感情は動きます。そのため、英語で誰かと会話をする方が英会話が身につくスピードが早くなるのです

でも、英語で話ができる人が身近にいないんです

そんなときに役に立つのが「オンライン英会話のキャンブリー」です


オンライン英会話キャンブリーには、大きく5つのメリットがあります。
キャンブリーのメリット
・外資系転職の面接対策ができる
・英語のネイティブスピーカーと話ができる
・間違いを気にせずに、安心して話すことができる
・ビジネス英会話をマンツーマンで学ぶことができる
・目的意識をはっきりとさせたうえで、授業を行うことができる

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



日本にいると、英語ができなくても困らないですよね

たしかにそうですね。でも、英語ができないと人材価値としてはあまり高くはなれませんよね

どういうことですか?

もうすでに、日本国内にいながら海外の仕事をすることも珍しくない時代です

たしかに。リモートワークが普及してきていますね

今、世界中の人との比較で人材価値が決まる流れになりつつあります。そうなると、英語ができないとキビシイのです

世界から見て、英語が話せない人は人材としての価値は低いということですか?

そのとおりです。自分の人材価値を下げないためにも、英語でコミュニケーションできることが最低限必要になってきます

でも、ネイティブの英語を聞いているとかなり大変そう

ネイティブスピーカーになろうとするのは難易度が高すぎます。まずは、英語で問題なく仕事ができることを目標にしましょう


今後の流れ
リモートで海外の人と仕事する機会が増える
英語を使って仕事ができないと、相対的に評価・人材価値がさがる


「英語を使って仕事ができる」ようになるのは、大変ではありませんか?

大丈夫です。仕事で必要な英語はかなり限定的です。そこだけ身につけることを考えましょう

1つに集中しようということですね

そうです。それには、仕事で必要な英語の練習をしたほうがいいです。キャンブリーは、仕事用のカリキュラムも充実しています。何よりチューターと目標意識を共有した上で授業を行うことができるところが強みです

キャンブリーだと、自分の目標からブレない英会話レッスンができるということですか?

そのとおりです。レッスンの最初に目標を聞いてくる先生が多いです。聞かれない場合もありますが、そのときは自分から申し出てもいいでしょう

自分の人材価値を下げないよう、英会話がんばります

これからは、英語が苦手な人の人材価値が下がっていきます。この傾向が加速する前に、今すぐ手を打つことが大切です

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



英語で会話ができると、以下のようなことが達成できるのではないでしょうか?
英語で会話ができると達成できること
・収入が上がる
・評価が上がる
・仕事の幅が広がる
・海外移住で役立つ
・海外の人たちと仲良くなれる
・周囲の人たちから一目おかれる
・外資系企業に就職 / 転職ができる

あなたの目標を達成するためにも、キャンブリーを一度確認してみてください。

オンライン英会話のキャンブリー 公式サイト
英会話を本気で上達させたい人、自分の人材価値を下げたくない人は、一度チェックしてみてください