friction の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

friction の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

friction「摩擦」「もめごと」「軋轢(あつれき)」という意味です。今回はこの friction について、簡単にお伝えします。




friction の意味と簡単な使い方

friction「摩擦」「もめごと」「軋轢(あつれき)」という意味です。この単語は、以下のように使われます。具体的にどのように使われるかは、下の例文を確認してください。

  • 考えや意見の衝突による対立
  • 物体が表面や物体とこすれ合うこと
  • 物体が表面を移動するときに生じる抵抗

 

例文

They are lighted by friction.
摩擦で点灯します

The liquid can reduce friction.
その液体で摩擦を減らせます

There is friction among the team members.
チームメンバーの間には、軋轢があります

Rubbing the flint together produces friction.
火打石をこすり合わせることで、摩擦が生じます

The friction between moving parts produces heat.
動いている部品の摩擦で、熱が発生します

The considerable friction between the two caused divorce.
二人の間にかなりのもめごとがあったことが、離婚の原因となりました

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は身につけておくとよいかもしれません。ご参考までに。

friction
摩擦、もめごと、軋轢(あつれき)

light
光、日光、輝き、明るさ、軽い、薄い、点火する、火をつける、明るくする

liquid
液体

reduce
減らす

flint
火打石

rub
こする

produce
生み出す

heat

divorce
離婚

considerable
かなりの