hype の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

hype の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

hype は「注射」「注射針」「誇大広告」という意味です。今回はこの hype について、簡単にお伝えします。




hype の意味と簡単な使い方

hype は「注射」「注射針」「誇大広告」という意味になります。

「注射」「注射針」の意味では、インフォーマルな表現です。 needle, injection などで代用できます。「誇大広告」の意味では「人々の注意をひくように繰り返し大きくされている宣伝」のことです。

 

例文

Don’t believe the advertising hype.
誇大広告を信じるな

My son grimaced as the hype went in.
針が入ってくると、息子は顔をゆがめた

The latest film failed to live up to the hype.
最新映画は、誇大広告に応えることができませんでした

There’s been a lot of hype around the movie.
映画の周りには、多くの誇大広告がありました

They are anxious to play down the media hype.
彼らは、メディアの誇大広告をほとんど注意しないよう望んでいます

We have to hype products more to attract financiers.
投資家の興味を引くには、製品をもっと宣伝する必要があります

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。入試や TOEIC などのテストで出てくる可能性はあまりない単語かもしれません。しかし、必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

hype
注射、注射針、誇大広告

grimace
顔をしかめる

movie
映画

film
映画

live up to …
… に応える

anxious to ~
~をしたい望んでいる

product
製品

financier
投資家