indifference の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2022年1月19日

indifference の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

indifference「無関心」「無頓着」「重要ではないこと」という意味です。今回はこの indifference について、簡単にお伝えします。




indifference の意味と簡単な使い方

indifference「無関心」「無頓着」「重要ではないこと」という意味です。この単語はそのまま以下を指しています。具体的には、以下の例文をご確認ください。

  • 誰かへの興味関心がないこと
  • 何かへの注意が向いていないこと

 

例文

He showed total indifference to their fate.
彼は、彼らの運命には全く関心がありませんでした

She was annoyed by his apparent indifference.
彼女は、彼の明らかな無関心さに怒っていました

It’s a matter of indifference to her whether I go or not.
私が行こうが行くまいが、彼女には関係のないことだ

I tried to maintain a facade of indifference, but I couldn’t.
私は冷徹さを装おうとしましたが、できませんでした

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

indifference
無関心、無頓着、重要ではないこと

apparent
晃かな

maintain
維持する

facade
正面、見かけ、外見