whose の英語表現【英会話用例文あり】

2020年9月6日

whose の英語表現【英会話用例文あり】

whose は、英語を学習するとすぐに学ぶ単語の1つです。今回は whose の英語表現について、簡単にお伝えします。




whose の英語表現

whose には、主に2つの意味があります。実際にどう使われるかは下の例文を見るとわかりやすいです。

  • 「だれの」「だれのもの」
  • 所有格 (whom, which) 「… の」

 

whose の例文

Whose turn?
誰の番?

Whose is it?
誰のもの?

Whose is this?
これは誰のもの?

Whose idea is it?
誰の考えですか?

Whose fault is that?
誰のせいですか?

I wonder whose this is.
これは誰のだろう?

Whose side are you on?
どっちの味方?

Whose right of way is it?
誰の権利ですか?

I’ve decided whose side I’m on.
どちら側にいるか決めました

I wondered whose the sandals were.
誰のサンダルなのだろうと思いました

I’m not interested in whose fault it is.
誰のせいなのかは興味ありません

It was an actor whose name is Henry.
ヘンリーという名前の俳優でした

Whose bag is on the check-in counter?
チェックインカウンターにあるのは誰のバッグですか?

Whose name is before yours on the list?
リスト内のあなたの前の人の名前は誰ですか?

That’s the man whose name is unknown.
それは、名前がわからない人です

People whose names were called went there.
名前を呼ばれた人は、そこに行きました

He’s a woodcut printmaker whose work I admire.
彼は、私が尊敬する木版画家です

On whose authority are you putting the letter here?
あなたは、誰の権限でそのレターを置いているのですか?

The truck, whose engine had failed, is now safely undertow.
エンジンが故障したトラックは、安全にけん引中です

The prime minister is not a person whose promise we can build on.
その首相は、約束を築ける人ではありません

The theatrical, whose style is rigidly formal, is typical of the country.
厳格で形式的な演劇は、その国特有のものです

They whose houses are destroyed by the wildfire have to be relocated immediately.
山火事で家が破壊された彼らは、すぐに移動しなければいけません

I’m here to introduce Ms.Robinson, who is a singer and a woman whose life journey.
歌手であり、人生を旅する女性のロビンソンさんをご紹介します




まとめ

いかがでしたでしょうか。whose は、英語学習者ならだれでも知っている単語です。必要な方は身につけておくとよいでしょう。上記の例文が参考になればうれしいです。

whose
だれの、だれのもの

fault
失敗

fail
失敗する、故障する、できない

right
権利

sandal
サンダル

unknown
知らない、不明の

woodcut printmaker
木版画家

admire
尊敬する、称賛する、ほめる

authority
組織、権限

safely
安全に

undertow
牽引中

truck
トラック

build
建てる、築く

prime minister
首相

promise
約束する

rigidly
きびしく、厳格で

formal
形式的な

typical of …
… の特有の

relocate
移動する

immediately
すぐに

wildfire
山火事

introduce
紹介する

life
命、生命、生活、寿命、人生、元気

journey

 

 

 





「英会話が上達しない」と感じている人へ
なかなか上達しないですね・・・

私も、英会話が上達しない時期がありました。気持ちはよくわかります私は35歳から英会話学習を始め、その後、海外就職を果たせるぐらいに英会話が上達しました


結論
英会話上達の一番の近道は、実際に英語で誰かと話すことです


なぜ、実際に英語で誰かと話すことが英会話が上達する一番の近道なのでしょうか?

脳科学では、感情が動かすことが記憶定着のカギと言われています。誰かと話をする方が、一人で勉強するよりも感情は動きます。そのため、英語で誰かと会話をする方が英会話が身につくスピードが早くなるのです

でも、英語で話ができる人が身近にいないんです

そんなときに役に立つのが「オンライン英会話のキャンブリー」です


オンライン英会話キャンブリーには、大きく5つのメリットがあります。
キャンブリーのメリット
・外資系転職の面接対策ができる
・英語のネイティブスピーカーと話ができる
・間違いを気にせずに、安心して話すことができる
・ビジネス英会話をマンツーマンで学ぶことができる
・目的意識をはっきりとさせたうえで、授業を行うことができる

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



日本にいると、英語ができなくても困らないですよね

たしかにそうですね。でも、英語ができないと人材価値としてはあまり高くはなれませんよね

どういうことですか?

もうすでに、日本国内にいながら海外の仕事をすることも珍しくない時代です

たしかに。リモートワークが普及してきていますね

今、世界中の人との比較で人材価値が決まる流れになりつつあります。そうなると、英語ができないとキビシイのです

世界から見て、英語が話せない人は人材としての価値は低いということですか?

そのとおりです。自分の人材価値を下げないためにも、英語でコミュニケーションできることが最低限必要になってきます

でも、ネイティブの英語を聞いているとかなり大変そう

ネイティブスピーカーになろうとするのは難易度が高すぎます。まずは、英語で問題なく仕事ができることを目標にしましょう


今後の流れ
リモートで海外の人と仕事する機会が増える
英語を使って仕事ができないと、相対的に評価・人材価値がさがる


「英語を使って仕事ができる」ようになるのは、大変ではありませんか?

大丈夫です。仕事で必要な英語はかなり限定的です。そこだけ身につけることを考えましょう

1つに集中しようということですね

そうです。それには、仕事で必要な英語の練習をしたほうがいいです。キャンブリーは、仕事用のカリキュラムも充実しています。何よりチューターと目標意識を共有した上で授業を行うことができるところが強みです

キャンブリーだと、自分の目標からブレない英会話レッスンができるということですか?

そのとおりです。レッスンの最初に目標を聞いてくる先生が多いです。聞かれない場合もありますが、そのときは自分から申し出てもいいでしょう

自分の人材価値を下げないよう、英会話がんばります

これからは、英語が苦手な人の人材価値が下がっていきます。この傾向が加速する前に、今すぐ手を打つことが大切です

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】


英語で会話ができると、以下のようなことが達成できるのではないでしょうか?
英語で会話ができると達成できること
・収入が上がる
・評価が上がる
・仕事の幅が広がる
・海外移住で役立つ
・海外の人たちと仲良くなれる
・周囲の人たちから一目おかれる
・外資系企業に就職 / 転職ができる

あなたの目標を達成するためにも、キャンブリーを一度確認してみてください。

オンライン英会話のキャンブリー 公式サイト
英会話を本気で上達させたい人、自分の人材価値を下げたくない人は、一度チェックしてみてください