who to ~ の意味と英語表現【英会話用例文あり】

2022年2月20日

who to ~ の意味と英語表現【英会話用例文あり】

who to ~「誰と~するべきか」という意味です。今回はこの who to ~ について、簡単にお伝えします。




who to ~ の意味と英語表現

who to ~「誰と~するべきか」という意味です。who to ~ をひとかたまりとして、名詞のように使います。具体的にどのように使われるかは、下の例文をご確認ください。

 

例文

Tell me who to call.
誰に電話すべきか教えて

I didn’t know who to ask.
誰に聞いたらよいか、わからなかったんです

I don’t know who to hate.
誰を憎めばいいのかわからない

I didn’t decide who to vote.
だれに投票するか、決めていません

I’m wondering who to go there.
誰と行くべきか迷っています

I didn’t still decide who to invite.
誰を招待するか、まだ決めていません

We have the list of who to inform.
誰に通知するべきかのリストがあります

She has a sense of who to butter up.
彼女は、誰に媚びるべきかの感覚的にわかっています

The children don’t know who to believe.
その子たちは、誰を信じればいいのかわかりません

We’ll consider who to hire in the meeting.
その会議で、誰を雇うかを検討します

We knew who to trust and who not to trust.
私たちは誰を信じるべきか、誰を信じないかわかっています

We have to know who to support that country.
誰があの国をサポートするか、我々は知る必要があります

They don’t know who to talk to about it, don’t they?
誰と話したらいいのか、わかってないのでは?

They are thinking about who to invite to the reception.
彼らは、誰をレセプションに呼ぶかを考えています

That’s the message to the people about who to choose.
それは、誰を選ぶべきかについての人々へのメッセージです

Is it impossible to know who to trust in such an extreme situation?
そんな極限状況では、誰かを信じるべきかを知ることは不可能でしょうか




まとめ

いかがでしたでしょうか。who to ~ は、英語で会話する際よく使います。この記事を見ているタイミングで身につけていただけたらうれしいです。ご参考までに。

who to ~
誰と~するべきか

hate
憎む

vote
投票する

wonder
迷う、不思議に思う

inform
知らせる、通知する

invite
招待する

reception
会、受付、レセプション

butter up
媚びる

hire
雇う

choose
選ぶ

extreme situation
極限状況