validity の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2021年6月13日

validity の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

validity「効力」「正当性」という意味です。今回はこの validity について、簡単にお伝えします。




validity の意味と簡単な使い方

validity「効力」「正当性」という意味になります。この単語は、

  • 真実に基づく性質
  • 公式に認められている状態
  • 論理的に受け入れられる特性

ということです。具体的にどのように使われるかは、下の例文を確認してください。

 

例文

It is a view of legal validity.
それは法的有効性の観点です

The result is of doubtful validity.
結果は、受け入れられるには疑わしいものです

She would question the validity of the statement.
彼女は、声明の妥当性に疑問を呈するだろう

There is about a half year left in the validity period.
有効期限は約半年残っています

They have doubts about the validity of the assumption.
彼らは、仮定の妥当性に疑問を持っています

The validity period for the visa is 14 days from date of issue.
ビザの有効期間は、発行日から14日です

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

validity
効力、正当性

period
期間

legal
法的な

view
観点

doubtful
疑わしい

question
質問、疑う、質問する

doubt
疑い

assumption
仮定

visa
ビザ

issue
発行、発行する