whip up の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2022年2月22日

whip up の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

whip up「感情を刺激する」「料理などを手早く作る」という意味です。今回はこの whip up について、簡単にお伝えします。




whip up の意味と簡単な使い方

whip up「感情を刺激する」「料理などを手早く作る」という意味です。この単語は、以下のように使います。具体的にどのように使われるかは、下の例文を確認してください。

  • 誰かの感情を刺激する
  • 意図的に刺激して、感情を持たせる
  • 非常にすばやく食べ物を作る・準備する

 

例文

I whip up for breakfast every day.
毎日、朝食を手早く作ります

Dad whipped up a toast and omelet.
パパは、トーストとオムレツを手早く作った

He whipped up interest in the service.
彼は、そのサービスへの興味がそそられていました

The horseman whipped up the horses.
騎手は、馬にムチを入れた

The speech whipped up folks into a frenzy of rage.
その演説は、人々を激怒の渦に巻き込みました

That guy whipped up a caustic vibe to blow apart the lovey-dovey atmosphere.
あの男は、イチャイチャした雰囲気を吹き飛ばすために辛辣な空気を出していた

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

whip up
感情を刺激する、料理などを手早く作る

toast
トースト

omelet
オムレツ

interest
興味

horseman
騎手

speech
演説、スピーチ

frenzy
逆上、狂乱

rage
激怒

folk
人々

caustic
腐食剤、辛辣な、痛烈な、苛性の

blow apart
吹き飛ばす

lovey-dovey
イチャイチャした

atmosphere
雰囲気