【簡単】英語・英会話で最低限必要となる6品詞【解説つき】

2020年1月23日

【簡単】英語・英会話で最低限必要となる6品詞【解説つき】

学校で習った品詞。私はとても苦手にしていました。

なぜなら「修飾」という言葉の意味がわからなかったからです。正直、それぐらいの学力しかない学生でした。それでも英語を話すことはできます。

今回は、その品詞についてわかりやすくお伝えしていきます。




英会話で最低限必要となる6品詞

英語で最低限必要な品詞は6つあります。品詞は他にもありますが、この6つを理解していれば大丈夫です。これから以下の品詞をわかりやすく伝えていきます

クリックすると該当箇所にページ内移動します。

 

名詞

名詞は「物・モノ」と覚えておくとわかりやすいです。

Do you see some books?
本が見えますか?

I didn’t buy apples recently.
最近、リンゴを買っていません

Have you ever climbed Mt. Fuji?
富士山に登ったことはありますか

You don’t fail as a human being.
あなたは人間として失格ではない

 

 

前置詞

名詞の前に置くのが前置詞です。前置詞は英語では to, in, at, on, for などが色々な種類があります。

He is hard to fit in the box.
彼は規格内に収めるのは難しい

I left my apartment at noon.
正午に部屋を出ました

I’m going to depart for France.
フランスに向かいます (for : 未達)

It will be held in Russia in 2018.
2018年に開催されます

I have a lot of things on 29 May.
5月29日、忙しいです

How can I get to the nearest station?
どうしたら最寄り駅につきますか? (to : 達している)

 

 

形容詞

形容詞は名詞と結びつくものと考えてください。下の例でいう noisy, crowded, beautiful, quiet が形容詞になります。

It made an awfully noisy sound.
それはひどく耳障りな音を出した

People did not look at her crowded days.
人々は彼女の多忙な日々に目を向けてはいませんでした

A beautiful valley lies behind the highland.
高地の向こうに美しい谷があります

We live in a quiet town surrounded by forests.
森に囲まれた静かな町に住んでいます

 

 

動詞

動作や状態を表すものが動詞になります。下の例文では is, read, load, save がそれにあたります。

She is strict.
彼女は厳しい

I read books at leisure.
暇なときは本を読んでいます

The function load data then.
その機能はデータを読み込んでいます

It’s so easy for us to save data.
データを保存するのはとても簡単です

 

 

副詞

副詞は「名詞以外と結びつく」と覚えてください。下の例文で言う very, lately, already, regrettably, simultaneously, most, least などが該当します。

It has been very hot lately.
最近ずっと暑いです。

I have already chosen the today’s topic.
私はすでに今日のトピックを選びました

Regrettably, we’re going to end the session today.
誠に残念ながら、これで今日のセッションを終わらせることになります。

Japan is simultaneously the most and the least successful country.
日本は最も大きく、そして最も小さい成功した国です。

 

 

助動詞

助動詞は「動詞を助ける・補佐する動き」をします。下の例文でいうと will, can, should, must, shall などを指します。助動詞の後は、必ず動詞の原型が来ます。

It can be done.
できます

What shall we do?
いかがいたしましょう?

How should I know?
知らないよー

It will have no effect.
意味ないよ

It must be wonderful.
素敵でしょうね

 

また、例文の発音を確認したい方は以下のページを参考にしてください。

英文を眺めているだけで、ネイティブの発音はわかりません。しかし、どんな英文でもネイティブ並みの発音、イントネーションを確認する方法があります。 […]




まとめ

英語で最低限覚えておいたほうがいい品詞は6つです。以下のことだけを覚えておく。それ以外は重要度が低いです。ぜひ覚えておいてください。

(英語重要品詞6選)
名詞 : 物・モノ
前置詞 : 名詞の前に置く言葉
形容詞 : 名詞と結びつく言葉
動詞 : 動作、状態を表す言葉
副詞 : 名詞以外と結びつく言葉
助動詞 : 動詞を助ける言葉

 

 

 





「英会話が上達しない」と感じている人へ
なかなか上達しないですね・・・

私も、英会話が上達しない時期がありました。気持ちはよくわかります私は35歳から英会話学習を始め、その後、海外就職を果たせるぐらいに英会話が上達しました


結論
英会話上達の一番の近道は、実際に英語で誰かと話すことです


なぜ、実際に英語で誰かと話すことが英会話が上達する一番の近道なのでしょうか?

脳科学では、感情が動かすことが記憶定着のカギと言われています。誰かと話をする方が、一人で勉強するよりも感情は動きます。そのため、英語で誰かと会話をする方が英会話が身につくスピードが早くなるのです

でも、英語で話ができる人が身近にいないんです

そんなときに役に立つのが「オンライン英会話のキャンブリー」です


オンライン英会話キャンブリーには、大きく5つのメリットがあります。
キャンブリーのメリット
・外資系転職の面接対策ができる
・英語のネイティブスピーカーと話ができる
・間違いを気にせずに、安心して話すことができる
・ビジネス英会話をマンツーマンで学ぶことができる
・目的意識をはっきりとさせたうえで、授業を行うことができる

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



日本にいると、英語ができなくても困らないですよね

たしかにそうですね。でも、英語ができないと人材価値としてはあまり高くはなれませんよね

どういうことですか?

もうすでに、日本国内にいながら海外の仕事をすることも珍しくない時代です

たしかに。リモートワークが普及してきていますね

今、世界中の人との比較で人材価値が決まる流れになりつつあります。そうなると、英語ができないとキビシイのです

世界から見て、英語が話せない人は人材としての価値は低いということですか?

そのとおりです。自分の人材価値を下げないためにも、英語でコミュニケーションできることが最低限必要になってきます

でも、ネイティブの英語を聞いているとかなり大変そう

ネイティブスピーカーになろうとするのは難易度が高すぎます。まずは、英語で問題なく仕事ができることを目標にしましょう


今後の流れ
リモートで海外の人と仕事する機会が増える
英語を使って仕事ができないと、相対的に評価・人材価値がさがる


「英語を使って仕事ができる」ようになるのは、大変ではありませんか?

大丈夫です。仕事で必要な英語はかなり限定的です。そこだけ身につけることを考えましょう

1つに集中しようということですね

そうです。それには、仕事で必要な英語の練習をしたほうがいいです。キャンブリーは、仕事用のカリキュラムも充実しています。何よりチューターと目標意識を共有した上で授業を行うことができるところが強みです

キャンブリーだと、自分の目標からブレない英会話レッスンができるということですか?

そのとおりです。レッスンの最初に目標を聞いてくる先生が多いです。聞かれない場合もありますが、そのときは自分から申し出てもいいでしょう

自分の人材価値を下げないよう、英会話がんばります

これからは、英語が苦手な人の人材価値が下がっていきます。この傾向が加速する前に、今すぐ手を打つことが大切です

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



英語で会話ができると、以下のようなことが達成できるのではないでしょうか?
英語で会話ができると達成できること
・収入が上がる
・評価が上がる
・仕事の幅が広がる
・海外移住で役立つ
・海外の人たちと仲良くなれる
・周囲の人たちから一目おかれる
・外資系企業に就職 / 転職ができる

あなたの目標を達成するためにも、キャンブリーを一度確認してみてください。

オンライン英会話のキャンブリー 公式サイト
英会話を本気で上達させたい人、自分の人材価値を下げたくない人は、一度チェックしてみてください