abrasion の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2020年12月11日

abrasion の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

abrasion「摩滅」「すりむけ」という意味です。今回はこの abrasion について、簡単にお伝えします。




abrasion の意味と簡単な使い方

abrasion「摩滅」「すりむけ」という意味になります。表面がこすれてすり減っていること・箇所のことです。具体的にどのように使われるかは、下の例文を確認してください。

 

例文

The boots showed signs of abrasion wear.
ブーツは、摩耗の兆候を示しています

The boy has a small abrasion on his knee.
少年は、ひざに小さいすり傷がありました

There are some abrasions on the surface of the fragments.
破片の表面にすり減っている箇所がいくつかあります

The impact abrasion performance of the steel was studied.
鋼の衝動摩耗性能を研究した

The annulment is an abrasion on the wound of the break-up of a marriage.
婚姻の取り消しは、結婚破綻の傷の擦り切れた部分です

The metal have extreme resistance to abrasion during transportation rounds the particles.
その金属は、粒子を輸送する間の摩耗に対する特に強い耐性を持っています

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。入試や TOEIC などのテストで出てくる可能性はあまりありません。しかし、必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

abrasion
摩滅、すりむけ

wear
摩滅、すりきれ、すり減らす

sign
兆候、サイン

boot
ブーツ

show
示す

surface
表面

knee
ひざ

fragment
破片

impact
衝動

performance
性能

resistance
耐性

steel

metal
金属

annulment
婚姻の取り消し

marriage
結婚

wound

break-up
破綻

transportation
郵送

round
円、ラウンド、球状のもの

particle
粒子