except と without との違いとは?【解説・例文あり】

2021年12月13日

except と without との違いとは?【解説・例文あり】

except と without と似ているように思えます。しかし、両者には違いがあります。

今回は except と without の違いについて、簡単にお伝えします。意味を確認するだけではなく、実際に使えるようにするためにご確認いただけたらと思います。




except と without との違い

except … 以外
… を除いて
without … なしで
… しないで
… を持っていない

 

except の例文

except は「… 以外」「… を除いて」という意味です。

Everyone was there except for the girl.
その子を除いて、全員そこにいました

He works at the office except for Saturday.
彼は土曜日を除いて、オフィスで働いています

She did not do except to read English out loud.
彼女は、英語を音読する以外は何もしなかった

I cannot join in the game that except for one day.
試合には、1日しか参加できなんです

You cannot do that except for people who have practiced the abdominal breathing.
その腹式呼吸を練習した人以外は、それをすることはできない

The handy phone number is the same as the fax number except the last part is 5892.
携帯番号は、最後の部分5892を除いてFax番号と同じです

 

 

without の例文

without「… なしで」「… しないで」「… を持っていない」という意味です。

I went out without my wallet.
財布なしで外出した

He got in without being noticed.
彼は気づかれずに中に入った

I invested much capital without stint.
私は惜しげもなく巨費を投じた

I continued studying English without caring about those around me.
周囲を気にせずに、英語を勉強し続けた

except と without との違い
except = … 以外、… を除いて
without = 何かが欠けている

まとめ

いかがでしたでしょうか。except「除いて」without「なしで」という違いがあります。ご参考までに。

except
… を除いて

except for …
… 以外

without
… なしで

handy phone
電話番号

abdominal breathing
腹式呼吸

stint
切り詰める、出し惜しみ、制限