mischief の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2021年6月18日

mischief の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

mischief「いたずら」「悪さ」「いたずらする人」という意味です。今回はこの mischief について、簡単にお伝えします。




mischief の意味と簡単な使い方

mischief「いたずら」「悪さ」「いたずらする人」という意味です。主に子供のいたずらを指します。深刻な被害にはならないものの、うっとおしいイメージです。具体的にどのように使われるかは、下の例文を確認してください。

 

例文

Don’t get into a mischief.
いたずらしないで

What mischief are you up to?
どんないたずらをするの?

The boy was up to mischief with her.
その子は、彼女にまでいたずらする

He’s a lively little boy, full of mischief.
彼は、いたずらばかりの小さくて元気な男の子だ

It can cause mischief when the controversy collide.
議論が衝突すると、問題を引き起こす可能性があります

The boy smirked at me, and his eyes twinkled with mischief.
その子は私にニヤニヤし、その目はいたずら心でキラキラしていました

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

mischief
いたずら、悪さ、いたずらする人

lively
元気な

twinkle
輝く

controversy
議論

collide
衝突する

cause
引き起こす

smirk at …
… にニヤニヤ笑う、嘲笑する