proficient の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2020年3月1日

proficient の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

proficient「熟練した」「堪能な」「上手な」という意味です。

今回はこの proficient について、簡単にお伝えします。




proficient の意味と簡単な使い方

proficient「熟練した」「堪能な」「上手な」という意味の形容詞です。そのまま、スキルや経験があることを意味します。具体的な使い方は、例文を見るとわかりやすいです。

  • proficient in …(言語、仕事、技術) に精通している 
  • proficient at … : (言語、仕事、技術) に精通している

 

例文

She was proficient at this job.
彼女は、この仕事に精通している

He became reasonably proficient in Russian.
彼は、適度にロシア語に熟練している

I don’t have the patience required to be proficient at sales.
私は、営業に精通するのに必要な忍耐力を持ち合わせてはいない

People from other countries may not be proficient in English.
他の国から来た人たちは、英語に精通していないかもしれない

 

また、例文の発音を確認したい方は以下のページを参考にしてください。

英文を眺めているだけで、ネイティブの発音はわかりません。しかし、どんな英文でもネイティブ並みの発音、イントネーションを確認する方法があります。 […]




まとめ

いかがでしたでしょうか。proficient は、試験でも出てくる必須単語です。会話でも使います。ぜひこの機会に身につけていただけたらうれしいです。

proficient
熟練した、堪能な、上手な

proficient in …
(言語、仕事、技術) に精通している

proficient at … 
(言語、仕事、技術) に精通している

reasonably
適度に、ほどよく、合理的に、道理に従って

patience
我慢、忍耐

 

 

 





【お知らせ】英会話の上達に興味がある方へ
オンライン英会話の Cambly(キャンブリー) は、当サイトで1番人気があります。


以下の人にとって、最適なオンライン英会話サービスです。

  • ビジネス英会話を学びたい人
  • TOEFL/IELTSの勉強がしたい人
  • 最近、英会話が伸び悩んでいる人
  • バイリンガル教育に興味のある人
  • 就職・転職活動で英語のインタビューの練習がしたい人
  • 英語が話せるようになりたいが日本で英語を話すチャンスがない人

オンライン英会話のキャンブリーを体験しました!
英会話の上達を考えている人は、チェックしてみてください。