SEO・Webマーケティング関連の英語・略語の意味と簡単な説明

2020年3月1日

SEO・Webマーケティング関連の英語・略語の意味と簡単な説明

SEO・Webマーケティング関連の英語・略語の意味と簡単な説明をまとめました。ご参考までに。




英語表記・略称 用語(日本語) 説明
Hyperlocal ハイパーローカル 地域密着型のマーケティングとして使われる。「近くのレストラン」「近くの本屋」など。徒歩圏内の都会、地方でも使われる。
Lookalike Audience 似ている客。類似客 行動特性、興味が似ている人。統計学に基づき、Webページや映像を作成し、商品やサービスの見込み客・成果獲得につなげる。
Lead リード 見込み客
Conversion, CV コンバージョン 成果
CVs コンバージョン数 成果数
CVR (Conversion Rate) コンバージョン率 成果率
LTV (Lifetime Value) 生涯顧客価値 1人の顧客あたりの売上
Impression, Imp, IMP インプレッション 表示回数。
Click クリック クリック
Clicks, Click Through クリック数 WEBページや広告をクリックした数
CTR (Click Through Rate) クリック率 WEBページや広告をクリックした割合。クリック数をインプレッションで割ったもの
Cost 費用 発生した広告費
CPM (Cost Per Mille) 広告表示単価 1,000広告表示当たりにどれくらいの費用がかかったか。
CPA (Cost Per Acquisition) 顧客獲得単価 一人の顧客を獲得するのにどれくらいの費用がかかったか。
CPC (Cost Per Click) 平均クリック単価 1クリック当たりの広告費。費用をクリック数で割ったもの。
Quality Score Googleアドワーズ評価 PPCキャンペーンに関連した指標。評価を高めるには、CTRを上げることが1番だそう。(評価の60%はCTR?) 評価を高める他の方法として、CPCやCPAを下げることが大切とのこと。
ROI (Return on Investment) 広告費用の利益率。 広告費の中の利益の割合。利益を広告費で割って%算出する。「広告費の何%が利益なのか」を知ることができる。
ROAS (Return On Ad Spend) 広告費用の売上回収率。ロアス 広告費の中の売上の割合。売上を広告費で割って%算出する。「広告費の何%が売上なのか」を知ることができる。
Impression Share インプレッションシェア 表示される可能性のあった推定広告表示回数を、実際に広告表示された回数で割った割合。インプレッションシェアを高めることが大切。
Lost Impression Share インプレッションシェアの損失 広告ランクが低いか、もしくは予算が足りないかでインプレッションシェアが落ちること。広告ランクを上げるには、入札単価を上げるか、損失の大きい広告グループを停止するか改善する。予算を増やすか表示回数を減らすことで、インプレッションシェアを改善する。
SEO (Search Engine Optimization) 検索エンジン最適化 検索サイトでの検索で上位に表示させるようにすること。検索サイトは、ほぼ Google のことを指す。
Keyword Proximity キーワードの近接度 2つの検索キーワードが、どれだけ近いかを表す。キーワードが隣り合っていると近接度が高いと表現する。たとえば、Webページが「夏野菜簡単おすすめレシピ」という件名だとする。この場合、野菜とレシピのキーワードの近接度は低くなる。そして、おすすめとレシピのキーワードの近接度が高いということになる。近接度が高いとSEO評価も高いと言われている。
Keyword Stemming キーワードの語幹処理 Googleが、派生形・活用形を含めた形で検索結果を表示すること。たとえば、現在形の動詞「会話する」は過去形の動詞「会話した」も検索結果に考慮されている。そのほか複数形、名詞の形容詞化など。
Keyword Frequency キーワードの頻度 キーワードがページ内でどれだけ使われているかの数。たとえば「英会話」というキーワードがページ内に50あれば、Keyword Frequency は 50。
Keyword Density キーワードの濃度 キーワードが、ページ内でどれだけ使われているかの割合。たとえば「英会話」というキーワードがページ内に50あり、ページ内単語数が1,000とすれば、Keyword Density は 50 / 1,000 = 2% となる。
Keyword Prominence キーワードがどのくらい目立っているかを表す指標 キーワードが、件名、ヘッダータグ、本文、metaタグ内で、どのくらい重要な位置を占めているかの指標。Keyword Density を高めても、意味をなさなければ評価は落ちるとのこと。ツールで計測可能。
LSI (Latent Semantic Indexing) 潜在意味索引 キーワードに関連する単語がどれくらいページ内に含まれているか。Google はキーワードに関連する単語が、記事内に多く散りばめれていると高く評価する。Webマーケターは、LSI Keyword Generator というツールを使って、記事内に関連単語も入れてリライトしている。
AI (Artificial Intelligence) 人工知能 人工知能。人間の代わりに仕事をし始めている。マーケティング業界でよく使われる。
KPI (Key Performance Indicator) 重要業績評価指標 目標達成の度合い。通常は数字で表す。あらかじめ定めたKPIを上回るか下回るかで、ビジネスの目標達成したかどうかを判断する。
PV (Pageviews) ページビュー サイト内のページ訪問回数
UU (Unique Users) ユニークユーザ サイトに訪問した人の数。同じ人が2回訪れても1UUとなる。




hyper
超えた、非常に

local
地域の

lookalike
よく似た人

audience
観客

lead
案内する、先導する、先頭、書き出し、きっかけ、引き込み線、リード

conversion
転換、転向

rate
割合

lifetime
生涯 (マーケティングの世界では生涯ではなく、ある一定期間を指すことがほとんど)

impression
印象、感じ、効果、痕跡、表示

Mille
ラテン語の1,000。ミル

investment
投資

acquisition
獲得

share
割合、シェア

optimization
最適化

proximity
近接度 (どれくらい近いか)

stem
茎、柄、血統、せき止める、抵抗する、幹

frequency
頻度、回数、度数

density
濃度、密度

prominence
顕著、名声、目立つこと

artificial
人工の

intelligence
知能

latent
隠れている、潜在的な

semantic
意味の

index
索引、目次

performance
パフォーマンス、性能、成績、業績

indicator
指標、指示するもの





「英会話が上達しない」と感じている人へ
なかなか上達しないですね・・・

私も、英会話が上達しない時期がありました。気持ちはよくわかります私は35歳から英会話学習を始め、その後、海外就職を果たせるぐらいに英会話が上達しました


結論
英会話上達の一番の近道は、実際に英語で誰かと話すことです


なぜ、実際に英語で誰かと話すことが英会話が上達する一番の近道なのでしょうか?

脳科学では、感情が動かすことが記憶定着のカギと言われています。誰かと話をする方が、一人で勉強するよりも感情は動きます。そのため、英語で誰かと会話をする方が英会話が身につくスピードが早くなるのです

でも、英語で話ができる人が身近にいないんです

そんなときに役に立つのが「オンライン英会話のキャンブリー」です


オンライン英会話キャンブリーには、大きく5つのメリットがあります。
キャンブリーのメリット
・外資系転職の面接対策ができる
・英語のネイティブスピーカーと話ができる
・間違いを気にせずに、安心して話すことができる
・ビジネス英会話をマンツーマンで学ぶことができる
・目的意識をはっきりとさせたうえで、授業を行うことができる

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



日本にいると、英語ができなくても困らないですよね

たしかにそうですね。でも、英語ができないと人材価値としてはあまり高くはなれませんよね

どういうことですか?

もうすでに、日本国内にいながら海外の仕事をすることも珍しくない時代です

たしかに。リモートワークが普及してきていますね

今、世界中の人との比較で人材価値が決まる流れになりつつあります。そうなると、英語ができないとキビシイのです

世界から見て、英語が話せない人は人材としての価値は低いということですか?

そのとおりです。自分の人材価値を下げないためにも、英語でコミュニケーションできることが最低限必要になってきます

でも、ネイティブの英語を聞いているとかなり大変そう

ネイティブスピーカーになろうとするのは難易度が高すぎます。まずは、英語で問題なく仕事ができることを目標にしましょう


今後の流れ
リモートで海外の人と仕事する機会が増える
英語を使って仕事ができないと、相対的に評価・人材価値がさがる


「英語を使って仕事ができる」ようになるのは、大変ではありませんか?

大丈夫です。仕事で必要な英語はかなり限定的です。そこだけ身につけることを考えましょう

1つに集中しようということですね

そうです。それには、仕事で必要な英語の練習をしたほうがいいです。キャンブリーは、仕事用のカリキュラムも充実しています。何よりチューターと目標意識を共有した上で授業を行うことができるところが強みです

キャンブリーだと、自分の目標からブレない英会話レッスンができるということですか?

そのとおりです。レッスンの最初に目標を聞いてくる先生が多いです。聞かれない場合もありますが、そのときは自分から申し出てもいいでしょう

自分の人材価値を下げないよう、英会話がんばります

これからは、英語が苦手な人の人材価値が下がっていきます。この傾向が加速する前に、今すぐ手を打つことが大切です

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



英語で会話ができると、以下のようなことが達成できるのではないでしょうか?
英語で会話ができると達成できること
・収入が上がる
・評価が上がる
・仕事の幅が広がる
・海外移住で役立つ
・海外の人たちと仲良くなれる
・周囲の人たちから一目おかれる
・外資系企業に就職 / 転職ができる

あなたの目標を達成するためにも、キャンブリーを一度確認してみてください。

オンライン英会話のキャンブリー 公式サイト
英会話を本気で上達させたい人、自分の人材価値を下げたくない人は、一度チェックしてみてください