タクシーで最低限必要な英会話・英語表現【海外で役立つ!】

2020年3月1日

タクシーで最低限必要な英会話・英語表現【海外で役立つ!】

海外旅行では、移動にタクシーを使うかもしれません。そのとき疑問に思うことも多いと思います。たとえば

「有料道路はいくらですか?」
「その店の前で停めていただけますか?」
「急いでいます。できる限り、早くできませんか?」

などです。それらは、どのように英語で表現したらよいのでしょうか。この記事を読むと、以下の英会話・英語表現を確認することができます。

  • タクシーに乗る前の英会話・英語表現
  • タクシーの運転手との英会話・英語表現例
  • タクシー乗車中の英会話・英語表現
  • 料金支払時の英会話・英語表現

この記事の英語表現は、場所の名称を変えるだけで、すぐに使えます。ぜひ最後まで目を通してください。




タクシーで最低限必要な英会話・英語表現

タクシーで最低限必要な英会話・英語表現は、以下の通りです。

 

タクシーに乗る前の英会話・英語表現

タクシー乗り場に行くなどの表現です。

Where is a taxi stand?
タクシー乗り場はどこですか? (ショッピングモール・駅などで)

Where can I get a taxi ticket?
タクシーチケットは、どこで手に入りますか? (チケットは、公認の整理券のようなもの。駅・空港などで)

We’re looking for a taxi stand.
タクシー乗り場を探しています

Where is the taxi stand for Uber?
Uber 用の乗り場はどこですか?(Uber : 配車アプリ。ホテルやショッピングモールには、Uber専用乗り場があることも多い)

Can you tell me how to get a taxi?
タクシーの乗り方を教えてくれませんか?(駅・空港などで)

Can you tell me the way to the taxi stand?
タクシースタンドまでの道を教えてくれませんか?

Do you think it is enough to get there for 30 dollars?
30ドルで、そこに着くことができると思いますか?

 

 

タクシーの運転手との英会話・英語表現例

行き先を告げるなどの表現です。運転手から Where to?「行き先は?」と聞かれるかもしれません。あらかじめ、行き先を伝えられるようにしておくとよいと思います。

To the place, please.
その場所まで、お願いします (スマホやメモでマップや住所を見せる)

How much is it tollway?
有料道路はいくらですか?

Can I pay by credit card?
クレジットカードで支払いできますか? (乗る前に)

Please use the taxi meter.
タクシーメーターを使ってください (乗る前のメーター確認に)

Are we going to a tollway?
有料道路を通りますか?

Can we go there for 15 dollar?
15ドルで、そこに行くことはできますか? (行き先を告げたあと)

Do you know the 8 Avenue hotel?
8 Avenue Hotel はご存知ですか?

I’d like to go to the airport terminal 2.
空港のターミナル2まで行きたいのです

We want to go to the National Library.
国立図書館まで行きたいです

Can you take us to the central station?
中央の駅まで、乗せていただけますか?

I’d like to put my baggage in the trunk.
トランクに荷物を入れたいです

We’re going to the National Art Museum.
国立美術博物館まで行きます

I have a suitcase. Could you open the trunk?
スーツケースがあります。トランクを開けていただけますか?

How long does it take to the airport entrance C?
空港の入り口Cまでは、どれくらいかかりますか? (時間)

How much will it cost to get to the central station?
中央の駅までは、いくらかかりますか? (お金。How much? だけでも大丈夫)

Do you have change for a 100 dollar? I don’t have any small bills.
100ドルで支払うと、お釣りがありますか? 細かいの持っていないんです。(乗る前に聞いたほうがいい)

 

 

タクシー乗車中の英会話・英語表現

Is this the right way?
道、あってますか?

I’m getting off here.
ここで降ります

Stop at the hotel, please.
そのホテルで停めてください

Could you go a little slower?
すこし、ゆっくりと走っていただけますか? (信じられないぐらい速いスピードで走る人もいます)

I need to arrive at the airport by 5.
5時までに空港に到着しておきたいです

Will it be possible to get there by 3?
3時までに到着しますか?

Could you stop in front of the store?
その店の前で停めていただけますか?

Could you tell me when we get to the hotel?
ホテルに着いたときに、お知らせいただけますか?

Can you stop by the convenience store? Wait here for a few minutes, please.
そのコンビニに立ち寄っていただけますか?ここで数分待っててください

 

 

タクシー車内で道案内する英語表現

「左に曲がってほしい」「まっすぐ行ってください」などを伝えたいときの表現です。スマホのナビがあっても間違えることはあります。自分の住んでいるところなど、細かい指示を出したいときに参考にしてください。

Go straight, please.
まっすぐ行ってください

Stop along the road, please.
その道沿いで、停めてください

Could you turn left at the corner?
次の角を左に曲がっていただけますか?

Could you turn right at the next light?
次の信号、右に曲がっていただけますか?

Keep going on the street and turn right at the second corner, please.
まっすぐ進んで、2番目の角で右に曲がってください

 

 

急いでほしいときの英語表現

Hurry up! は、運転に満足していないというニュアンスがあるので、失礼に当たる場合もあります。以下の表現を使う方がよいと思います。

I’m in a rush. Could you rush it, please?
私は急いでいます。急いでいただけませんか?

Could you go as fast as possible please?
できるだけ早くしていただけませんか?

Could you go a little faster? I will not miss it.
少し早く運転できますか?逃したくないのです

I’m in a hurry. Can you go as quick as you can, please?
急いでいます。できる限り、早くできませんか?

 

 

料金支払時の英会話・英語表現

How much?
いくらですか?

This is for you.
これはあなたのです (チップを渡すときに)

Keep the change.
お釣りは取っておいてください

Get back the change.
お釣りを返してください

Can I have a receipt?
領収書、いただけますか?

You’re overcharging me.
多くない?多くとりすぎです

 

また、例文の発音を確認したい方は以下のページを参考にしてください。

英文を眺めているだけで、ネイティブの発音はわかりません。しかし、どんな英文でもネイティブ並みの発音、イントネーションを確認する方法があります。 […]




まとめ

英語での会話や外国のタクシーに慣れていないときに、熟語や難しい表現を使うと通じないことが多いです。go, stop, how much? など、単純なフレーズで言い直せると良いと思います。Hurry up! は、運転に満足していないと解釈される可能性があります。ご参考までに。

tollway
有料道路

change
お釣り

rush
急ぐ、多忙、ラッシュ

overcharge
余分に請求する、多くとる

 

 

 





「英会話が上達しない」と感じている人へ
なかなか上達しないですね・・・

私も、英会話が上達しない時期がありました。気持ちはよくわかります私は35歳から英会話学習を始め、その後、海外就職を果たせるぐらいに英会話が上達しました


結論
英会話上達の一番の近道は、実際に英語で誰かと話すことです


なぜ、実際に英語で誰かと話すことが英会話が上達する一番の近道なのでしょうか?

脳科学では、感情が動かすことが記憶定着のカギと言われています。誰かと話をする方が、一人で勉強するよりも感情は動きます。そのため、英語で誰かと会話をする方が英会話が身につくスピードが早くなるのです

でも、英語で話ができる人が身近にいないんです

そんなときに役に立つのが「オンライン英会話のキャンブリー」です


オンライン英会話キャンブリーには、大きく5つのメリットがあります。
キャンブリーのメリット
・外資系転職の面接対策ができる
・英語のネイティブスピーカーと話ができる
・間違いを気にせずに、安心して話すことができる
・ビジネス英会話をマンツーマンで学ぶことができる
・目的意識をはっきりとさせたうえで、授業を行うことができる

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



日本にいると、英語ができなくても困らないですよね

たしかにそうですね。でも、英語ができないと人材価値としてはあまり高くはなれませんよね

どういうことですか?

もうすでに、日本国内にいながら海外の仕事をすることも珍しくない時代です

たしかに。リモートワークが普及してきていますね

今、世界中の人との比較で人材価値が決まる流れになりつつあります。そうなると、英語ができないとキビシイのです

世界から見て、英語が話せない人は人材としての価値は低いということですか?

そのとおりです。自分の人材価値を下げないためにも、英語でコミュニケーションできることが最低限必要になってきます

でも、ネイティブの英語を聞いているとかなり大変そう

ネイティブスピーカーになろうとするのは難易度が高すぎます。まずは、英語で問題なく仕事ができることを目標にしましょう


今後の流れ
リモートで海外の人と仕事する機会が増える
英語を使って仕事ができないと、相対的に評価・人材価値がさがる


「英語を使って仕事ができる」ようになるのは、大変ではありませんか?

大丈夫です。仕事で必要な英語はかなり限定的です。そこだけ身につけることを考えましょう

1つに集中しようということですね

そうです。それには、仕事で必要な英語の練習をしたほうがいいです。キャンブリーは、仕事用のカリキュラムも充実しています。何よりチューターと目標意識を共有した上で授業を行うことができるところが強みです

キャンブリーだと、自分の目標からブレない英会話レッスンができるということですか?

そのとおりです。レッスンの最初に目標を聞いてくる先生が多いです。聞かれない場合もありますが、そのときは自分から申し出てもいいでしょう

自分の人材価値を下げないよう、英会話がんばります

これからは、英語が苦手な人の人材価値が下がっていきます。この傾向が加速する前に、今すぐ手を打つことが大切です

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



英語で会話ができると、以下のようなことが達成できるのではないでしょうか?
英語で会話ができると達成できること
・収入が上がる
・評価が上がる
・仕事の幅が広がる
・海外移住で役立つ
・海外の人たちと仲良くなれる
・周囲の人たちから一目おかれる
・外資系企業に就職 / 転職ができる

あなたの目標を達成するためにも、キャンブリーを一度確認してみてください。

オンライン英会話のキャンブリー 公式サイト
英会話を本気で上達させたい人、自分の人材価値を下げたくない人は、一度チェックしてみてください