【乗り物】get in と get on の違い・使い分け【英語表現・英会話用例文あり】

【乗り物】get in と get on の違い・使い分け【英語表現・英会話用例文あり】

「乗り物に乗る」get inget on の2つで表現できます。では、この2つの違いは何なのでしょうか?

今回は get inget on の違い・使い分けについて、簡単にお伝えします。




【乗り物】get in と get on の違い・使い分け

get in 乗り物そのもの上には乗らない
乗り物の中に入り込んで、歩き回れない
car
taxi
truck
get on 乗り物そのもの上に乗る
乗り物の中に入り込んで、歩き回れる


bus
train
plane
bicycle
motorcycle

結論から言うと、違いは上記の通りです。一番右列の乗り物例は、他にもいくつかあります。意味は両者とも同じ「乗り物に乗る」です。

 

乗り物で in を使う英語表現例

乗り物の in「中に入って、中で歩き回れないもの」の場合に使います。

I’m in a taxi now.
今、タクシーの中です

Let her get in the car.
彼女を車に乗せてあげて

I am getting in the car to commute.
通勤のために車に乗っています

That guy got in the truck to talk to me.
その男は、トラックに乗り込んで話かけてきた

She gestured for him to get in the taxi.
彼女はタクシーに乗るよう、彼にジェスチャーした

I got in my car to go from there to here.
そこからここに行くのに、車に乗りました

 

 

乗り物で on を使う英語表現例

乗り物の on は以下のように使います。

  • 乗り物の中で歩き回れる (電車、飛行機など)
  • 乗り物そのものの上に乗る (バイク、自転車など)

I’m on a bus now.
今、バスの中です

The woman gets on the bicycle.
その女性は自転車に乗っています

I got on a barge to cross the river.
はしけに乗って川を渡った

I am getting on the train to commute.
通勤のために、電車に乗っています

The culprit got on the motorcycle and went away.
犯人はバイクに乗って、どこかへ走り去っていきました

We got on the plane and went about four hours south.
飛行機に乗って、4時間ほど南下しました

乗り物の場合の in と on の違い・使い分け
in : 乗り物の中に入り込んで、動き回れない
on : 乗り物の上に乗るか、乗り物の中で動き回れる




まとめ

いかがでしたでしょうか。get on は get on top ofget on boardtop ofboard が省略されたものです。

get in, get on 両者とも使えるようになると、実際の英会話で役立ちます。身につけておきましょう。ご参考までに。

get in
中で歩き回れない乗り物の中に乗る

get on
乗り物そのものの上に乗る、乗り物の中で歩き回れる乗り物に乗る

commute
通勤

gesture
ジェスチャーする

from there to here
そこからここへ

cross
渡る

barge
はしけ (平底の渡し船)

culprit
犯人