watery の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2020年1月29日

watery の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

watery の意味は「水っぽい」「水の」「湿った」「雨を含んだ」「水中の」となります。

今回はこの watery の意味と使い方について、簡単にお伝えします。




watery の意味と簡単な使い方

watery の意味は「水っぽい」「水の」「湿った」「雨を含んだ」「水中の」です。この単語はそのまま

  • 涙目の
  • 濡れている
  • 水分を含んでいる

という意味になります。下記の例文から使い方のイメージをつかむと早いです。

また、発音注意の単語です。あわせてご確認ください。

watery
水っぽい、水の、湿った、雨を含んだ、水中の

 

watery の例文

He has watery eyes.
彼の眼は、うるんでいる

They served watery beer.
彼らは水っぽいビールを出した

She made a watery salad.
彼女は水気の多いサラダを作った

I will have this watery blue cloth.
私は、この薄い青の衣類をもらいます

This park is a watery wonderland.
この公園は、水が多い素晴らしいところです

He fell over many times on the watery field.
彼は、雨でぬかるんだところで何度も転んだ

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。TOEICなどのテストで出てくる単語です。必要な方は身につけておきましょう。ご参考までに。

watery
水っぽい、水の、湿った、雨を含んだ、水中の

serve
提供する、出す

 

 

 





【お知らせ】英会話の上達に興味がある方へ
オンライン英会話の Cambly(キャンブリー) は、当サイトで1番人気があります。


以下の人にとって、最適なオンライン英会話サービスです。

  • ビジネス英会話を学びたい人
  • TOEFL/IELTSの勉強がしたい人
  • 最近、英会話が伸び悩んでいる人
  • バイリンガル教育に興味のある人
  • 就職・転職活動で英語のインタビューの練習がしたい人
  • 英語が話せるようになりたいが日本で英語を話すチャンスがない人

オンライン英会話のキャンブリーを体験しました!
英会話の上達を考えている人は、チェックしてみてください。