negation の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

negation の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

negation は「否定」「否認」という意味です。今回はこの単語について、簡単にお伝えします。




negation の意味と簡単な使い方

negation「否定」「否認」という意味です。この単語は、以下のことを指しています。具体的にどのように使われるかは、下の例文を確認してください。

  • 何かに対して正反対
  • 「いいえ」と言うこと
  • 完全に欠落していること
  • 何かを存在させない行動
  • 何かの影響を与えない行動
  • 文章が真実ではないと言うこと

 

例文

We cannot offer any reasonable negation.
合理的な否定をすることはできません

The policy was the negation of democracy.
その政策は民主主義の否定でした

The kid shook his head as a sign of negation.
その子は頭を振って否定した

It’s just a negation that we cannot get what we like.
それはただ、好きなものが得られないことを否定しているだけです

The tentative theory is a negation of our religious beliefs.
その仮説は我々の信仰を否定するものです

Their action is a negation, systemic disregard, and rejection of most of what has gone before.
彼らの行動は、否定、体形的な蔑視、これまで起こったことのほとんどを拒絶するものです

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

negation
否定、否認

reasonable
合理的な

policy
政策

democracy
民主主義

shake (shook-shaken)
振る

tentative
仮の、試験的な

religious
信仰の

belief
信念、信じているもの

systemic
体系的な

disregard
蔑視、無視

rejection
拒絶