約束の英語表現【promise, appointment, engagement の違い・例文あり】

2022年2月26日

【約束】promise, appointment, engagement の違い

「約束」を表す単語には、主に promise, appointment, engagement の3つがあります。これら3つの単語は、いったいどう違うのでしょうか?

今回は promise, appointment, engagement の違いと約束の英語表現について、簡単にお伝えします。




promise, appointment, engagement の違い

promise 一般的な約束を表す単語
appointment 場所・日時が決まっている約束
engagement 仕事・取引など義務感が伴うの約束




約束の英語表現

ここからは promise, appointment, engagement の英語表現について、例を交えて順にお伝えします。

 

promise の例文

promise「約束」を表す一般的な単語です。

I’ll make it up to you, I promise.
埋め合わせします。約束します

I hope they’ll keep their promise.
彼らが、約束を守ってくれることを望んでいます

I promise I’ll go to get someone to help you.
誰かあなたを助けてくれる人を連れてきます

We had to promise fidelity to the lord of a manor.
我々は領主に忠誠を誓わなければならなかった

 

 

appointment の例文

appointment「場所・日時が決まっている約束」という意味です。

I’ve made an appointment for a cut next Monday.
次の月曜日にカットの予約をしました

Can I set up an appointment for interview Tuesday?
火曜日に、面接はできますか?

I have an appointment with the sales director at 3:30.
3時30分に営業部長との約束があります

My husband arranged an appointment for Thursday morning at ten-thirty.
夫は、木曜午前10時30分に予定を立てました

 

 

engagement の例文

engagement「仕事・取引など義務感が伴うの約束」という意味です。

I have a formal engagement in an hour.
1時間後に、約束があります

I have a previous engagement at that time.
その時間は、先約があります

The next week will be full up with dinner engagements.
来週は、夕食の約束でいっぱいです

I’ve already canceled all my social engagements for the remainder of this month.
今月の残りの予定については、すべてキャンセル済みです




まとめ

約束の英語表現、いかがでしたでしょうか。3つの違いを再度まとめました。この記事で使用されている単語と合わせてご確認ください。ご参考までに。

promise 一般的な約束を表す単語
appointment 場所・日時が決まっている約束
engagement 仕事・取引など義務感が伴うの約束

make it up to you
埋め合わせをする

fidelity
忠誠、貞節

lord of a manor
領主

interview
面接

previous
前の

remainder
残り、余り