chancellor の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2022年11月4日

chancellor の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

chancellor「大臣」「首長」「学長」「裁判長」という意味です。今回は単語について、簡単にお伝えします。




chancellor の意味と簡単な使い方

chancellor「大臣」「首長」「学長」「裁判長」という意味です。この単語は「政府や大学の高い地位にある長」のことです。具体的にどのように使われるかは、下の例文を確認してください。

 

例文

He became the first Chancellor of the country.
彼は、その国の初代首相になりました

I’ve been in my role for eight years as chancellor.
私は、8年間理事長として役割を果たしてきました

She is used to be the Chancellor of the City school system.
彼女は、市の学校制度の長を務めていました

He is the Chancellor in charge of the civilian side of the mission.
彼は、ミッションの市民側の長です

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

chancellor
大臣、首長、学長、裁判長

role
役割

civilian
市民

in charge of …
… の担当で