chore の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2022年10月19日

chore の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

chore「雑用」「雑務」「面倒なこと」という意味です。今回はこの単語について、簡単にお伝えします。




chore の意味と簡単な使い方

chore「雑用」「雑務」「面倒なこと」という意味です。この単語は、以下のように使います。具体的にどのように使われるかは、下の例文を確認してください。

  • 家庭での作業
  • 日常的な作業
  • 退屈で不快な作業
  • 定期的に行う必要な仕事

 

例文

I found reading a chore.
読むのが面倒になった

The domestic chore fell to her.
家事は彼女に任せていました

It is a chore to go to work on Sunday.
日曜に仕事に行くのは面倒です

He went quietly about his daily chores.
彼は、しずかに日常の雑務をこなしていました

I have to do the most tedious of computer chores.
PCの中で最も面倒な作業をしなければならない

It does not feel like it is a real chore when you do it.
やってみると、本当に面倒だとは感じないですよ

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

chore
雑用、雑務、面倒なこと

domestic
国内の、家庭内の

quietly
静かに

daily
日常の

tedious
退屈な

 



「英語で会話するのが不安」という気持ち、ありませんか?
実際、海外に住む前の私もそうでした。その気持ちはよくわかります。その不安を解消するのに最適なのがオンライン英会話サービスのレアジョブです。業界最王手で日本語のサポートも充実しています。初心者用の英会話練習やTOEIC対策なども万全。「英語での会話に慣れたい」など最初の入り口にピッタリです。登録はこちらから。
会員数100万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」
「ネイティブの発音・スピードについていけない」と、お考えではないでしょうか?
私もネイティブとの会話についていけなくて、何度もくやしい思いをしました。そして、その悩みを解決するには、このCAMBLY (キャンブリー) でレッスンするのが一番です。全世界のネイティブ講師とオンラインでいつでも会話ができます。録画機能もあり、聞き直しも可能。日常会話をするのにも海外就職・留学などさらに上を目指す人にとってもベストなのが、このキャンブリーです。無料で試すにはこちらから。

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】