dough の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2020年6月25日

dough の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

dough「練り粉」「パン生地」「現金」という意味です。今回はこの dough の意味と使い方について、簡単にお伝えします。




dough の意味と簡単な使い方

dough「練り粉」「パン生地」「現金」という意味です。小麦粉と水を練り合わせて薄く引き伸ばしたものです。

また dough 「現金」は、口語でのみ使われます。具体的な使い方のイメージは、例文から確認してください。

dough は、発音がわかりにくい単語かもしれません。あわせてご確認ください。

dough
練り粉、パン生地、現金

 

dough の例文

He kneaded doughs then.
彼は生地を練った

She rolled the doughs flat.
彼女は、パン生地を伸ばして平らにした

The oven can bake doughs.
そのオーブンで生地を焼くことができます

I need a lot of dough to realize my dream.
夢をかなえるには、多くの現金が必要です

Pour a little water into the flour and mix to a thin dough.
水を小麦粉に少し注いで、薄い生地に混ぜてください

I divided the smooth dough into eight parts, and I made each into a ball.
生地を8つに分け、丸めました

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。dough は、あまりなじみがないかもしれません。しかし、TOEIC では出てくる可能性の高い単語です。TOEIC 受験を予定している方は、このタイミングで身につけておくとよいと思います。

dough
練り粉、パン生地、現金

knead
こねる、練る

oven
オーブン

pour
注ぐ

flour
小麦粉