英語の文章・話に強弱をつける単語18選【例文あり】

2020年2月25日

英語の文章・話に強弱をつける単語18選【例文あり】

たとえば、単に

Thank you.

というよりも、

Thank you very much.

very much を加えると「ありがとう」の意味が強くなります。

今回はこの very much のような英単語・英語表現についてお伝えしていきます。文章に強弱をつけて英会話・英語表現の幅を広げたい人は、ぜひここで確認してください。




英語の文章・話に強弱をつける単語

ここでは、文章・話に強弱をつける英単語を大きく3つに分けてお伝えします。

「非常に強める単語」・・・(例) きわめて、非常に
「強める単語」・・・(例) とても
「弱める単語」・・・(例) ほんのすこし、ちょっと

非常に強める単語 extremely 極めて
completely 完璧に、完全に
unbelievably 信じられないほど
absolutely 絶対的に
utterly まったく、すっかり
totally まったく、すっかり
entirely 完全に、まったく
exceptionally 非常に
insanely 極めて、バカみたいに
incredibly 信じられないほど、非常に
強めの単語 very とても
really 本当に、とても
pretty かなり、とても
quite かなり、非常に
particularly 特に
弱める単語 somewhat なんとなく、ちょっと
mildly すこし、ちょっと
relatively どちらかといえば

各単語をクリックすると、関連箇所にページ内移動します。

 

非常に強めの単語

「完全に」「まったく」など文章をかなり強める単語です。

 

extremely: 極めて

The fabric has extremely intricate patterns.
その生地は極めて複雑な模様です

He found it extremely challenging working for us.
彼にはそれが我々にとってとても難しいものになるとわかった

 

 

completely: 完璧に、完全に

It was completely necessary for us to get everything ready quickly.
我々はすべてにおいて素早く準備をする必要がありました

The rapid decline in stock prices seemed to have completely destroyed their confidence.
株価の急激な下落は彼らの自信を完全に打ち砕いた

 

 

unbelievably: 信じられないほど

That is unbelievably burdensome.
それは信じられないほど厄介です

She still looks unbelievably beautiful.
彼女はまだ信じられないぐらいきれいでした

 

 

absolutely: 絶対的に

It was absolutely disgusting.
とても不味かった

Today, I achieved absolutely nothing.
今日は何も達成できませんでした

 

 

utterly: まったく、すっかり

It was utterly absorbing.
それはとても興味深いです

The hotel looks utterly miserable.
ホテルはすっかり悲惨になっている

 

 

totally: まったく、すっかり

I totally forgot.
すっかり忘れてました

I totally did not mean it.
まったくそんなつもりじゃなかったんだ

 

 

entirely: 完全に、まったく

This accident was entirely avoidable.
この事故は避けられた

Let me put it in an entirely different slant on the rationale for the legislation.
全く違う法律の理論的解釈の観点で表現してみよう

 

 

exceptionally: 非常に

They represented exceptional value for money.
彼らは非常に高額な価格を提示した。

We found exceptional the number lower than 0.
我々は0以下の例外の値を見つけた

 

 

insanely: 極めて、バカみたいに

He is insanely worried.
彼はバカみたいに心配している

She started behaving insanely outside.
彼女は外ではバカみたいな行動をし始めた

 

 

incredibly: 信じられないほど、非常に

Her English was incredibly improved.
彼女の英語は信じられないくらい上達した

The laptop is incredibly easy to handle some image processing software.
そのパソコンは非常に簡単に複数の画像処理ソフトを扱うことができます




強めの単語

「とても」「かなり」「本当に」など文章を強める単語になります。

 

very: とても

You are a very early riser.
あなたはとても早起きです

That is a very personal history.
それはとても個人的な経歴です

 

 

really: 本当に、とても

Nothing really can be done.
本当に何もできません

It is no longer really possible to make changes to the order.
もはやその注文は変更不可です

 

 

pretty: かなり、とても

It’s pretty unlikely.
それはかなりあり得ないことです

I’m pretty sure she’s sleeping.
私は彼女は寝ていると確信している

 

 

quite: かなり、非常に

The risk of an accident is quite real.
事故のリスクはかなり現実的だ

She stood there for quite some time.
彼女はかなり長い間そこに立っていた

 

 

particularly: 特に

She was more than particularly displeased.
彼女は特に不満だった

He was particularly tired after our long walk.
彼は長距離の徒歩で特に疲れていた




弱める単語

「ちょっと」「少し」「なんとなく」というような意味の単語は以下の通りです。

 

somewhat : なんとなく、ちょっと

She reproved somewhat.
彼女は少したしなめた

Neither one of us is somewhat interested in masked balls.
我々の誰ひとりも仮面舞踏会にはちょっと興味がない

 

 

mildly: すこし、ちょっと

Her words are mildly stimulating.
彼女の言葉は少し刺激的でした

She kept her voice mildly curious.
彼女の声は少し珍しい声を出し続けていました

 

 

relatively: どちらかと言えば

I don’t relatively want to be reminded of that time.
私はどちらかと言えばあのときのことを思い出したくはない

Relatively speaking, I am somehow curious about that.
どちらかと言えば、なんとなく気になります。

 

また、例文の発音を確認したい方は以下のページを参考にしてください。

英文を眺めているだけで、ネイティブの発音はわかりません。しかし、どんな英文でもネイティブ並みの発音、イントネーションを確認する方法があります。 […]

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。あなたの話に強弱をつけるためにこれらの単語を使うとよいでしょう。使いすぎるとくどくなります。使い過ぎに注意です。ご参考までに。

extremely
極めて、とても

completely
完璧に、完全に

unbelievably
信じられないほど

absolutely
絶対的に

utterly
まったく、すっかり

totally
まったく、すっかり

entirely
完全に、まったく

exceptionally
非常に

insanely
極めて、バカみたいに

incredibly
信じられないほど、非常に

very
とても

really
本当に、とても

pretty
かなり、とても

quite
かなり、非常に

particularly
特に

somewhat
なんとなく、ちょっと

mildly
すこし、ちょっと

relatively
どちらかと言えば

fabric
生地

intricate
複雑な

pattern
パターン、模様

completely
完全に

rapid
急激な、早い

decline
下落、下がる

stock prices
株価

confidence
自信

burdensome
厄介

disgusting
イヤな、ムカッとする、最低な

absorbing
夢中にさせる、とてもおもしろい

miserable
悲惨な

avoidable
回避できる、避けられる

slant
傾斜、斜線、傾向、観点

rationale
理論的根拠

legislation
立法、法律、法令

represent
代表する、提示する、意味する、描写する、表す、相当する、述べる

image processing software
画像処理ソフトウェア

early riser
早起きする人

order
注文

displeased
不機嫌な

reprove
叱る、避難する

stimulate
刺激する、活気づける

curious
おかしい、奇妙な、知りたがる

 

 

 





「英会話が上達しない」と感じている人へ
なかなか上達しないですね・・・

私も、英会話が上達しない時期がありました。気持ちはよくわかります私は35歳から英会話学習を始め、その後、海外就職を果たせるぐらいに英会話が上達しました


結論
英会話上達の一番の近道は、実際に英語で誰かと話すことです


なぜ、実際に英語で誰かと話すことが英会話が上達する一番の近道なのでしょうか?

脳科学では、感情が動かすことが記憶定着のカギと言われています。誰かと話をする方が、一人で勉強するよりも感情は動きます。そのため、英語で誰かと会話をする方が英会話が身につくスピードが早くなるのです

でも、英語で話ができる人が身近にいないんです

そんなときに役に立つのが「オンライン英会話のキャンブリー」です


オンライン英会話キャンブリーには、大きく5つのメリットがあります。
キャンブリーのメリット
・外資系転職の面接対策ができる
・英語のネイティブスピーカーと話ができる
・間違いを気にせずに、安心して話すことができる
・ビジネス英会話をマンツーマンで学ぶことができる
・目的意識をはっきりとさせたうえで、授業を行うことができる

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



日本にいると、英語ができなくても困らないですよね

たしかにそうですね。でも、英語ができないと人材価値としてはあまり高くはなれませんよね

どういうことですか?

もうすでに、日本国内にいながら海外の仕事をすることも珍しくない時代です

たしかに。リモートワークが普及してきていますね

今、世界中の人との比較で人材価値が決まる流れになりつつあります。そうなると、英語ができないとキビシイのです

世界から見て、英語が話せない人は人材としての価値は低いということですか?

そのとおりです。自分の人材価値を下げないためにも、英語でコミュニケーションできることが最低限必要になってきます

でも、ネイティブの英語を聞いているとかなり大変そう

ネイティブスピーカーになろうとするのは難易度が高すぎます。まずは、英語で問題なく仕事ができることを目標にしましょう


今後の流れ
リモートで海外の人と仕事する機会が増える
英語を使って仕事ができないと、相対的に評価・人材価値がさがる


「英語を使って仕事ができる」ようになるのは、大変ではありませんか?

大丈夫です。仕事で必要な英語はかなり限定的です。そこだけ身につけることを考えましょう

1つに集中しようということですね

そうです。それには、仕事で必要な英語の練習をしたほうがいいです。キャンブリーは、仕事用のカリキュラムも充実しています。何よりチューターと目標意識を共有した上で授業を行うことができるところが強みです

キャンブリーだと、自分の目標からブレない英会話レッスンができるということですか?

そのとおりです。レッスンの最初に目標を聞いてくる先生が多いです。聞かれない場合もありますが、そのときは自分から申し出てもいいでしょう

自分の人材価値を下げないよう、英会話がんばります

これからは、英語が苦手な人の人材価値が下がっていきます。この傾向が加速する前に、今すぐ手を打つことが大切です

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



英語で会話ができると、以下のようなことが達成できるのではないでしょうか?
英語で会話ができると達成できること
・収入が上がる
・評価が上がる
・仕事の幅が広がる
・海外移住で役立つ
・海外の人たちと仲良くなれる
・周囲の人たちから一目おかれる
・外資系企業に就職 / 転職ができる

あなたの目標を達成するためにも、キャンブリーを一度確認してみてください。

オンライン英会話のキャンブリー 公式サイト
英会話を本気で上達させたい人、自分の人材価値を下げたくない人は、一度チェックしてみてください