言葉につまったときに使う英語・英会話フレーズ9選【例文あり】

2020年9月11日

言葉につまったときに使う英語・英会話フレーズ9選【例文あり】

たとえば、

  • 考えながら話そうとするとき
  • 言葉がうまく出てこないとき
  • 思い出しながら言おうとするとき

は、英語でどう表現すればよいのでしょうか?

今回は「言葉に詰まっている状況で使う英会話フレーズ」について、簡単にお伝えします。




言葉に詰まったときに使う英会話フレーズ

well えーっと
(何かを言おうとするとき)
let’s see
let me see
えーっと
(思い出そうとするとき)
give me a minute ちょっと待ってください
Like I said もう一度伝えるときに
As I already said もう一度伝えるときに
(フォーマル)
I mean つまり
maybe たぶん
You know えーっと
(考えながら答えるような場面で)

そのほかの言葉に詰まったときに使う英会話フレーズ もあわせてご確認ください。

 

well : えーっと (何かを言おうとするとき)

何かを言おうとするときに待たせるときに使います。また、ほんの少しだけ疑いのニュアンス、否定的な意味が込められて使うこともあります。

Well, never mind.
あ、気にしないで

Well, what should I do now?
えーっと、今どうすればいいの?

 

 

let’s see / let me see : えーっと (思い出そうとするとき)

こちらは思い出そうとするとき、注意深く考えているときに使います。

Um, let’s see. I guess it settled down.
うーん。そうですね。決着したんだと思います

Let’s see. Last weekends, I just took a rest.
えーっと。先週末はお休みしただけです

Now let me see. Is there any purpose in waiting?
えーっと。待っている目的は何かありますか?

Let me see … We decided to see how it works for a while.
えっと。私たちは、しばらく様子をみることに決めました

 

 

Give me a minute : ちょっと待ってください

「少し時間をください」「ちょっと待ってください」という表現です。

Give me a minute. I will get the person in charge.
少しお時間をください。担当者にお繋ぎします

Give me a minute. Let me check that for you, please.
少し時間をください。調べさせてください

 

 

Like I said : もう一度伝えるときに

一度伝えたことをもう一度伝えるときに使います。日常のカジュアルな場面で使います。

Like I said, I cannot explain well.
言ったけれど、うまく説明できないんです

Like I said before, something wrong occurred while updating the data.
前にも言った通り、データ更新中に、何か問題が起きました

 

 

As I already said : もう一度伝えるときに (フォーマル)

こちらも一度伝えたことを、もう一度伝える場合に使います。ビジネスの場などよりフォーマルな場面では、こちらを使います。saidmentioned にとって代わる場合もあります。

As I already said, they performed summer-time correction.
申し上げた通り、彼らはサマータイムの修正を実施しました

As I already said, we will handle sensitive issues dealing with government security.
お伝えしたとおり、私たちは政府の安全保障というデリケートな問題に対応していきます

 

 

I mean : つまり

言いたいことを重ねて伝えたいとき、言い換えるときに使います。

I mean the place is full of nature.
つまり、そこは自然にあふれているということです

I mean there is a restaurant with a good atmosphere.
つまり、いい雰囲気のレストランがあるということです

 

 

maybe : たぶん

「たぶん」という意味です。あまり発言内容に自信がないときに使います。

Er, maybe, it contained nothing.
たぶん、何も入っていないわ

Maybe, the atmosphere is being polluted.
大気が汚染されつつある

 

 

You know : えーっと

文中に使われると「えーっと」「そうですね」という意味になります。考えながら答えるような場面で使われます。

I think, you know, the sea got dirty.
えーっと、海が汚くなったと思います

Uh, Soil contamination can be, you know, considered as an alteration in the soil environment.
土壌汚染は、、、そうですね、土壌環境の変化と考えることができます

 

 

そのほかの言葉につまったときの表現

put には「説明する」「表現する」という意味もあります。

How can I say this?
これをどういえばいいだろう?

How should I put it?
どう伝えたらいいだろう?

My mind went blank.
頭が真っ白になりました

My memory fails me.
よく思い出せないです

What’s the word for it?
それは何と言うんだっけ?

It just slipped my mind.
うっかり忘れてしまいました

I don’t know what to say.
何を言うべきかわかりません

It’s on the tip of my tongue.
ここまで来ているんだけど。もう少しで思い出せそうなんだけど

My school days escaped me.
学生時代のことは思い出せないです

What am I supposed to say?
何を話をしたらよいのだろう?(戸惑い)

I don’t know how to put this.
どう表現したらよいのかわかりません

I don’t know what I’m supposed to say.
何を言えばいいのか、わかりません

I cannot remember what I wanted to say.
何を言いたかったのか、思い出せません

I have vague recollection of it, but it was fun living in this country.
記憶があいまいだけど、その国での生活は楽しかったですよ




まとめ

いかがでしたでしょうか。会話中、英語がうまく出てこない場面、よくあります。そんなときに使える表現ばかりです。ご参考までに。

well
えーっと (何かを言おうとするとき、ほんの少し疑っているニュアンス、少し否定的なニュアンス)

let’s see / let me see
えーっと (思い出そうとするとき、注意深く考えているとき)

Give me a minute.
少し時間をください。ちょっと待ってください

Like I said
さっきも言ったけど (日常表現)

As I already said
先ほどもお伝えしたとおり (仕事などフォーマルな場面で)

I mean
つまり (言いたいことを重ねて伝えるとき、言いたいことが伝わらなかったとき)

Maybe
たぶん (あまり発言内容に自信がないとき)

You know.
えーっと、そうですね (考えながら答えるようなとき)

put
説明する、表現する

handle
対応する

sensitive
神経質な

government security
有価証券

correction
修正

full of nature
自然に満ち溢れた

atmosphere
大気、空気

pollute
汚れる、汚染する

 

 

 





「英会話が上達しない」と感じている人へ
なかなか上達しないですね・・・

私も、英会話が上達しない時期がありました。気持ちはよくわかります私は35歳から英会話学習を始め、その後、海外就職を果たせるぐらいに英会話が上達しました


結論
英会話上達の一番の近道は、実際に英語で誰かと話すことです


なぜ、実際に英語で誰かと話すことが英会話が上達する一番の近道なのでしょうか?

脳科学では、感情が動かすことが記憶定着のカギと言われています。誰かと話をする方が、一人で勉強するよりも感情は動きます。そのため、英語で誰かと会話をする方が英会話が身につくスピードが早くなるのです

でも、英語で話ができる人が身近にいないんです

そんなときに役に立つのが「オンライン英会話のキャンブリー」です


オンライン英会話キャンブリーには、大きく5つのメリットがあります。
キャンブリーのメリット
・外資系転職の面接対策ができる
・英語のネイティブスピーカーと話ができる
・間違いを気にせずに、安心して話すことができる
・ビジネス英会話をマンツーマンで学ぶことができる
・目的意識をはっきりとさせたうえで、授業を行うことができる

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



日本にいると、英語ができなくても困らないですよね

たしかにそうですね。でも、英語ができないと人材価値としてはあまり高くはなれませんよね

どういうことですか?

もうすでに、日本国内にいながら海外の仕事をすることも珍しくない時代です

たしかに。リモートワークが普及してきていますね

今、世界中の人との比較で人材価値が決まる流れになりつつあります。そうなると、英語ができないとキビシイのです

世界から見て、英語が話せない人は人材としての価値は低いということですか?

そのとおりです。自分の人材価値を下げないためにも、英語でコミュニケーションできることが最低限必要になってきます

でも、ネイティブの英語を聞いているとかなり大変そう

ネイティブスピーカーになろうとするのは難易度が高すぎます。まずは、英語で問題なく仕事ができることを目標にしましょう


今後の流れ
リモートで海外の人と仕事する機会が増える
英語を使って仕事ができないと、相対的に評価・人材価値がさがる


「英語を使って仕事ができる」ようになるのは、大変ではありませんか?

大丈夫です。仕事で必要な英語はかなり限定的です。そこだけ身につけることを考えましょう

1つに集中しようということですね

そうです。それには、仕事で必要な英語の練習をしたほうがいいです。キャンブリーは、仕事用のカリキュラムも充実しています。何よりチューターと目標意識を共有した上で授業を行うことができるところが強みです

キャンブリーだと、自分の目標からブレない英会話レッスンができるということですか?

そのとおりです。レッスンの最初に目標を聞いてくる先生が多いです。聞かれない場合もありますが、そのときは自分から申し出てもいいでしょう

自分の人材価値を下げないよう、英会話がんばります

これからは、英語が苦手な人の人材価値が下がっていきます。この傾向が加速する前に、今すぐ手を打つことが大切です

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



英語で会話ができると、以下のようなことが達成できるのではないでしょうか?
英語で会話ができると達成できること
・収入が上がる
・評価が上がる
・仕事の幅が広がる
・海外移住で役立つ
・海外の人たちと仲良くなれる
・周囲の人たちから一目おかれる
・外資系企業に就職 / 転職ができる

あなたの目標を達成するためにも、キャンブリーを一度確認してみてください。

オンライン英会話のキャンブリー 公式サイト
英会話を本気で上達させたい人、自分の人材価値を下げたくない人は、一度チェックしてみてください