loth, loath の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2022年11月5日

loth, loath の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

loth, loath 「嫌い」「不本意な」という意味です。今回はこの単語について、簡単にお伝えします。




loth, loath の意味と簡単な使い方

loth, loath は「嫌い」「不本意な」という意味です。loathloth と表現されることもあります。

この単語は以下のように使います。具体的にどのように使われるかは、下の例文を確認してください。

  • 何かをするのがイヤな
  • 本来の気持ちとは違った

 

例文

I’m loath to do it.
そうするのがイヤなんです

I would be loath to offer any advice.
アドバイスするのは気が引けます

I’m loath to use the phrase “Damn it.”
「くそっ!」という言葉を使うのは、イヤなんです

I would be loath to live in such a world.
住むに堪えない世界になるだろう

My husband seemed loath to raise this subject.
夫はこの話題をするのを嫌がった

The juries were loath to convict the young criminal.
陪審員たちは、若い犯罪者を有罪にすることをイヤがった

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てたのであれば、うれしいです。ご参考までに。

loath
イヤな、不本意な

offer
申し出、オファー

phrase
フレーズ

raise the subject
話題に挙げる

jury
陪審員

convict …
… を有罪にする

criminal
犯人、犯罪者

 



「英語で会話するのが不安」という気持ち、ありませんか?
実際、海外に住む前の私もそうでした。その気持ちはよくわかります。その不安を解消するのに最適なのがオンライン英会話サービスのレアジョブです。業界最王手で日本語のサポートも充実しています。初心者用の英会話練習やTOEIC対策なども万全。「英語での会話に慣れたい」など最初の入り口にピッタリです。登録はこちらから。
会員数100万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」
「ネイティブの発音・スピードについていけない」と、お考えではないでしょうか?
私もネイティブとの会話についていけなくて、何度もくやしい思いをしました。そして、その悩みを解決するには、このCAMBLY (キャンブリー) でレッスンするのが一番です。全世界のネイティブ講師とオンラインでいつでも会話ができます。録画機能もあり、聞き直しも可能。日常会話をするのにも海外就職・留学などさらに上を目指す人にとってもベストなのが、このキャンブリーです。無料で試すにはこちらから。

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】