must と have to ~ の違いとは?【解説・例文・英語表現あり】

2022年8月6日

must と have to ~ の違いとは?【解説・例文・英語表現あり】

musthave to ~「~しなければならない」という意味です。では、これらの違いは何なのでしょうか?

今回は have to ~must の違いについて、簡単にお伝えします。




must と have to ~ の違いとは?

must have to の違いは以下の通りです。

must ~ 現在形のみ
have to ~
より、強制力が強い

自分で「~しなければいけない」と考えている
have to ~ 過去形、現在形、未来形で使用可能
must
より、強制力が弱い

他人・状況から「~しなければいけない」と考えている

 

例文を使った解説

下の例文は、訳は同じですが、ニュアンスは違います。

I must stay up all night.
徹夜しなければいけない

I have to stay up all night.
徹夜しなければいけない

must を使う上記の例文は、自分が「徹夜しなければいけない」と考えています。それに対し have to ~ の例文では、仕事がたまっているなど何らかの理由で「徹夜しなければいけない」と考えているということです。

「~しなければいけない」理由が自分の内側からであれば must を使います。他人からやらされているなど自分の外側の理由であれば have to ~ です。




must の例文

I must leave early today.
今日は早く帰らないといけません

It must be done properly.
適切に行われなければなりません

We must not pledge our health.
健康を担保にしてはいけません

We must reap what we have sown.
まいた種は刈り取らなければならない

 

 

have to ~ の例文

You have to make a choice.
選ばなければなりません

Do we have to live with it so rigidly?
そんなに堅苦しく生きていかなければいけないのか?

It has to be done in the correct order.
正しい順番で行われなけばならない

Do you mean I have to pay this by Thursday?
木曜日までに支払わなければならない、ということですか?

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。まとめると違いは以下の通りとなります。ご参考までに。

must と have to ~ の違い
must ~
・現在形のみ
・自分で「~しなければいけない」と思っている
・強制力は have to ~ より高い

have to ~
・過去形、現在形、未来形で使用可能
・他人にやらされているなど理由が外にあり「~しなければいけない」と思っている
・強制力は must より低い

 

「~しなければいけない」の英語表現については、こちらの記事も参考にしてください。

たとえば「もう行かないといけない」「車を修理しないといけない」「とにかくやらないといけない」「彼女にチップを払わないといけませんか?」は、英語で何と表現すればよいのでしょうか?[…]