preference の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

preference の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

preference「好み」「優先」という意味です。今回はこの単語について、簡単にお伝えします。




preference の意味と簡単な使い方

preference「好み」「優先」という意味です。この単語は、以下のように使います。具体的にどのように使われるかは、下の例文を確認してください。

  • 好まれるもの
  • ある人に与えられる利点
  • 人・物を他の人・物より好むこと
  • 他の人・物より何かや誰かが好きであること
  • 債務の支払いに関して、先行する権利・優先権

 

例文

It is a matter of preference.
それは好みの問題でしょう

Do you have a size preference?
好みの大きさはありますか?

I research consumer preferences.
消費者の好みを調査しています

It is a matter of personal preference.
個人的な好みの問題です

My personal preference is this black one.
個人的な好みは黒い方です

He expressed a preference for the knit cap.
彼は、ニットの帽子がいいと言いました

She had a strong preference for one over the other.
彼女は、どちらか一方を強く好む傾向にありました

They show a preference for businesses over geopolitics.
彼らは、地政学よりビジネスを優先する傾向があります

I have personal preferences, but I don’t go along with everyone.
個人的な好みはありますが、皆に合わせているわけではありません

I hope to give preference to those who have not experienced it before.
未経験の人を優先したいと思っています

The preferences take the form of the burden of an enormous external debt.
その優先権は、莫大な対外的債務の負担という形をとっています

A baby might change a taste preference depending on what the mother ate.
母親が何を食べたかによって、赤ちゃんの食べ物の嗜好が変わるかもしれません

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は身につけておくとよいと思います。ご参考までに。

preference
好み、優先

matter
問題、事項、内容

size
サイズ、大きさ

research
調べる、調査する、リサーチ

consumer
消費者

express
表す、言葉で表現する

knit
編む、ニット

geopolitics
地政学

go along with people
人に合わせる

burden
負担、重荷

enormous
莫大な

external
外部の

depend on …
… による