proper light の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

2020年5月6日

proper light の意味と簡単な使い方【音読用例文あり】

proper light には、2つの意味があります。「真相・真実」「適切な光量」です。

今回は proper light の意味と簡単な使い方について、簡単にお伝えします。




proper light の意味と簡単な使い方

proper light「真相・真実」「適切な光量」という意味です。意味ごとに例文をお伝えします。例文から使い方をつかんでください。

 

真相・真実

But in the proper light of the fact, anyone can see the truth.
真理の光の下では、誰もが真実を目撃するだろう

We need the team to be seen in the proper light if we want to make the name popular.
私たちは名を上げたいのであれば、チームを適切な観点で見る必要があります

 

 

適切な光量

たとえば、舞台の照明の調整などの場合に使われます。プレゼンやステージなどの設定場面で耳にします。

Is that better?
よくなった?
We got to see the picture in the proper light.
絵が見えるようになりました

 

また、例文の発音を確認したい方は以下のページを参考にしてください。

英文を眺めているだけで、ネイティブの発音はわかりません。しかし、どんな英文でもネイティブ並みの発音、イントネーションを確認する方法があります。 […]

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。直訳から「真相・真実」という意味を導き出すのは、慣れていないと難しいかもしれません。ご参考までに。

proper light
真相・真実、適切な光量

 

 

 





【お知らせ】英会話の上達に興味がある方へ
オンライン英会話の Cambly(キャンブリー) は、当サイトで1番人気があります。


以下の人にとって、最適なオンライン英会話サービスです。

  • ビジネス英会話を学びたい人
  • TOEFL/IELTSの勉強がしたい人
  • 最近、英会話が伸び悩んでいる人
  • バイリンガル教育に興味のある人
  • 就職・転職活動で英語のインタビューの練習がしたい人
  • 英語が話せるようになりたいが日本で英語を話すチャンスがない人

オンライン英会話のキャンブリーを体験しました!
英会話の上達を考えている人は、チェックしてみてください。