subtle の意味・発音と簡単な使い方【音読用例文あり】

2022年3月2日

subtle の意味・発音と簡単な使い方【音読用例文あり】

subtle「繊細な」「微細な」「敏感な」「巧みな」という意味です。今回はこの単語について、簡単にお伝えします。





subtle の意味と簡単な使い方

subtle「繊細な」「微細な」「敏感な」「巧みな」という意味です。この単語は、以下のように使います。具体的には、以下の例文をご確認ください。

  • 目立たない
  • 騒がしくない
  • 小さくても重要な
  • 微妙で複雑で控えめな
  • ささいな区別をすることができる
  • 説明が難しいぐらい繊細で正確な
  • 注目を集めていないが巧妙で優れている
  • 注目を集めず静かに何かを達成している

 

例文

The girl has a subtle mind.
その女の子は繊細な心の持ち主だ

His work is subtle yet filled with mood.
彼の作品には、繊細さと雰囲気があります

He is about to hatch a very subtle plan.
彼は、ひっそりと巧妙な計画を立てようとしています

They started to exploit her in subtle ways.
彼らは、巧妙に彼女を搾取し始めた

There’s a subtle hint of onion in the sauce.
ソースには、かすかにのタマネギが入っている

We can detect subtle variances in some points.
我々は、わずかな違いをいくつか検知することが可能です

It led to difficulties in observing subtle changes.
それで、微妙な変化を観察するのが難しくなりました

He blended tea with very subtle ingredients only.
彼は、ほんのわずかな材料だけをお茶に入れました

He requires subtle gradations of light and shade.
微細な光と影のグラデーションを必要としています

There is nothing sophisticated or subtle about her.
彼女には、洗練さや繊細さがありません

Are you capable of subtle discernment of where it lies?
どこにあるのか、細かく見極めがつきますか?

They seemed to use a subtle method of communication.
彼らは、繊細な方法でコミュニケーションをとっているように見えました

The perfume is a subtle blend of cedarwood and jasmine.
お香には、わずかにスギとジャスミンの香りが混ざっていました

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。必要な方は覚えておくとよいと思います。ご参考までに。

subtle
繊細な、微細な、敏感な、巧みな

about to ~
~しそうである

hatch
たくらむ、こっそりと計画する、孵化する、卵からかえす、陰影をつける

variance
相違、仲たがい、不和、分散、敵対

exploit
偉業、手柄、功績、開拓する、食い物にする、搾取する

require
必要とする

gradation
グラデーション

detect
検知する

hint
わずかな兆候、ヒント

sophisticated
洗練された

sauce
ソース (料理)

blend
混ぜる、ブレンド

jasmine
ジャスミン

cedarwood
スギ材