【言う?話す?】speak, talk, tell, say の違いとは?【例文あり】

2020年8月2日

【言う?話す?】speak, talk, tell, say の違いとは?【例文あり】

speak, talk, tell, sayは、「言う」「話す」という意味で、どの単語も中学で習う簡単なものです。

この記事では、speak, talk, tell, say の違いについて、簡単にお伝えします。




speak, talk, tell, say の違い

英語 日本語
speak フォーマル。学校の先生の授業や講演など、一方的に伝えるときの表現。
オープンな場で話す場合はこちら。
talk フォーマルではなく、友達や知り合いに話すときの表現。
閉じられた場で、直接話すときに使う。
tell 何かの情報を伝えるときに使う。
メールなどの間接的に伝えるときも使うことができる。
say 言うことに重きを置いている。
情報を伝えるかどうかは問わない。

各単語をクリックすると、該当箇所にページ内移動します。

 

speak

speak「言う」「話す」という意味です。一方的に言う場合や話す場合、感情を表現する場合に使われます。

また、講演や演説などフォーマルな場面で話す場合も使います。

He speaks English and Russian.
彼は、英語とロシア語を話します

I have to speak to her after work.
仕事のあと、私は彼女に言わなければいけない

I heard him speak there, and he addressed the problem.
私はそこで彼が話しているのを聞き、その問題について演説していた

The company president speaks with conviction and conveys emotion well.
社長は確信をもって伝えていて、感情表現も上手だ

 

 

talk

talk「言う」「話す」という意味です。こちらは一般的な話題に使います。こちらは speak とは違い、フォーマルではありません。友達などの近しい人で、特定の人や2人以上の人に情報をシェアするときに使います。

また、間接的に伝えるときには使えません。

It’s been so long since we talked.
私たちが話をしてから、ずいぶんと時間がたっている

We are going to talk about the movie.
私たちは、その映画について話をします

We didn’t talk about our work last night.
昨夜は、仕事について話をしませんでした

My daughter talks at great length about the dream.
娘は夢について一方的に話している

 

 

tell

tell「言う」「伝える」という意味です。情報を誰かに伝えるために使います。文字として伝える場合でも使います。

He told them why it had happened.
彼は、なぜそれが起こったのかを言いました

She told me how she had got the job.
彼女は、どのようにしてその仕事に就いたのかを話しました

She told me that she would leave two days later.
彼女は、明後日に出発すると言いました

Let me tell you the straight fact about what happened now.
ありのまま、今起こったことを話すぜ

 

 

say

say「言う」という意味になります。こちらはただ「言う」だけです。

情報を伝えても伝えなくても使うことができます。(歓声・鳴き声など情報がなくてもいい) 

Thanks, she said.
ありがとうと彼女は言いました

She said to come back early.
彼女は早めに戻ると言いました

She said there is someone inside.
彼女は、中に誰かがいると言いました

He said I don’t know what you mean.
彼は、あなたの言っていることがわからないと言いました

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。speak, talk, tell, say はどれも「言う」「話す」と表現されることがあります。しかし、これらの単語には違いがあります。ご参考までに。

speak
一方的に言う場合や話す場合、感情を表現する場合に使われます。また、講演や演説などフォーマルな場面で話す場合も使います。

talk
こちらは一般的な話題に使います。友達などの近しい人で、特定の人や2人以上の人に情報をシェアするときに使います。また、間接的に伝えるときには使えません。

tell
情報を誰かに伝えるため、話ではなく文字として伝える場合も使います。

say
こちらは「言う」だけであり、情報を伝えていてもいいし、伝えていなくてもいいです。

 

 

 





「英会話が上達しない」と感じている人へ
なかなか上達しないですね・・・

私も、英会話が上達しない時期がありました。気持ちはよくわかります私は35歳から英会話学習を始め、その後、海外就職を果たせるぐらいに英会話が上達しました


結論
英会話上達の一番の近道は、実際に英語で誰かと話すことです


なぜ、実際に英語で誰かと話すことが英会話が上達する一番の近道なのでしょうか?

脳科学では、感情が動かすことが記憶定着のカギと言われています。誰かと話をする方が、一人で勉強するよりも感情は動きます。そのため、英語で誰かと会話をする方が英会話が身につくスピードが早くなるのです

でも、英語で話ができる人が身近にいないんです

そんなときに役に立つのが「オンライン英会話のキャンブリー」です


オンライン英会話キャンブリーには、大きく5つのメリットがあります。
キャンブリーのメリット
・外資系転職の面接対策ができる
・英語のネイティブスピーカーと話ができる
・間違いを気にせずに、安心して話すことができる
・ビジネス英会話をマンツーマンで学ぶことができる
・目的意識をはっきりとさせたうえで、授業を行うことができる

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】



日本にいると、英語ができなくても困らないですよね

たしかにそうですね。でも、英語ができないと人材価値としてはあまり高くはなれませんよね

どういうことですか?

もうすでに、日本国内にいながら海外の仕事をすることも珍しくない時代です

たしかに。リモートワークが普及してきていますね

今、世界中の人との比較で人材価値が決まる流れになりつつあります。そうなると、英語ができないとキビシイのです

世界から見て、英語が話せない人は人材としての価値は低いということですか?

そのとおりです。自分の人材価値を下げないためにも、英語でコミュニケーションできることが最低限必要になってきます

でも、ネイティブの英語を聞いているとかなり大変そう

ネイティブスピーカーになろうとするのは難易度が高すぎます。まずは、英語で問題なく仕事ができることを目標にしましょう


今後の流れ
リモートで海外の人と仕事する機会が増える
英語を使って仕事ができないと、相対的に評価・人材価値がさがる


「英語を使って仕事ができる」ようになるのは、大変ではありませんか?

大丈夫です。仕事で必要な英語はかなり限定的です。そこだけ身につけることを考えましょう

1つに集中しようということですね

そうです。それには、仕事で必要な英語の練習をしたほうがいいです。キャンブリーは、仕事用のカリキュラムも充実しています。何よりチューターと目標意識を共有した上で授業を行うことができるところが強みです

キャンブリーだと、自分の目標からブレない英会話レッスンができるということですか?

そのとおりです。レッスンの最初に目標を聞いてくる先生が多いです。聞かれない場合もありますが、そのときは自分から申し出てもいいでしょう

自分の人材価値を下げないよう、英会話がんばります

これからは、英語が苦手な人の人材価値が下がっていきます。この傾向が加速する前に、今すぐ手を打つことが大切です

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】


英語で会話ができると、以下のようなことが達成できるのではないでしょうか?
英語で会話ができると達成できること
・収入が上がる
・評価が上がる
・仕事の幅が広がる
・海外移住で役立つ
・海外の人たちと仲良くなれる
・周囲の人たちから一目おかれる
・外資系企業に就職 / 転職ができる

あなたの目標を達成するためにも、キャンブリーを一度確認してみてください。

オンライン英会話のキャンブリー 公式サイト
英会話を本気で上達させたい人、自分の人材価値を下げたくない人は、一度チェックしてみてください