出席者を確認する英語表現8選【英会話用例文あり】

2020年4月4日

出席者を確認する英語表現8選【英会話用例文あり】

たとえば、会議やプレゼンをする前に出席者全員いるか確認したいときに、以下のように伝えると思います。

「全員いますか?」
「いない人はいますか?」

これは英語でどう表現すればよいのでしょうか?

今回は出席者を確認する英語表現について、簡単にお伝えします。




出席者を確認する英会話・英語表現

出席者がその場にいるかどうかを確認する英語表現は、以下の通りです。

 

全員いるかどうかを確認する表現

まずこの英語表現を覚えておけば、会議でもパーティでも対応できます。

Is everyone here?
全員いますか?

Are we missing anyone?
いない人はいますか?

 

 

会議などを始めるときの表現

上記の問いかけで全員いることがわかったら、会議を始めると思います。他にも車を出すときでもパーティを開催するときでも使えます。

Okay. We had better get started.
オーケー。始めたほうがよいですね

Everyone is here. Let’s get started.
みなさんいますね。それでは始めましょう

 

 

参考 : 会議にいない人がいる場合の表現

会議にいない人がいる場合の表現です。

We cannot wait any longer.
これ以上は待てないです

Do you think I should call him?
彼に電話したほうがいいでしょうか?

Let me check if he could come here.
彼が来られるかどうか確認させてください

Maybe we should call her and see if she’s coming.
彼女に電話して、来るか確認したほうがいいかも

 

また、例文の発音を確認したい方は以下のページを参考にしてください。

英文を眺めているだけで、ネイティブの発音はわかりません。しかし、どんな英文でもネイティブ並みの発音、イントネーションを確認する方法があります。 […]




まとめ

いかがでしたでしょうか。下の表現1つ覚えておくだけでも大丈夫です。会議やプレゼンを始める前に使っていただけたらうれしいです。

Is everyone here?
全員いますか?

 

 

 





【お知らせ】英会話の上達に興味がある方へ
オンライン英会話の Cambly(キャンブリー) は、当サイトで1番人気があります。

以下の人にとって、最適なオンライン英会話サービスです。

  • ビジネス英会話を学びたい人
  • TOEFL/IELTSの勉強がしたい人
  • 最近、英会話が伸び悩んでいる人
  • バイリンガル教育に興味のある人
  • 就職・転職活動で英語のインタビューの練習がしたい人
  • 英語が話せるようになりたいが日本で英語を話すチャンスがない人

オンライン英会話のキャンブリーを体験しました!
英会話の上達を考えている人は、チェックしてみてください。